セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 泥棒の狙いのトレンドは?


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

泥棒の狙いのトレンドは?

 東日本大震災が発生し、さまざまな支援が行われています。一方で混乱の騒ぎに付け込んで泥棒する"火事場泥棒"も発生しています。被災者の方々のことを考えると本当に胸が痛みます。
 今回は泥棒の狙いを分析し、トレンドをまとめましたので紹介します。

 一般的には「泥棒」と呼ばれていますが、警察の分類では「窃盗犯」と呼んでいます。そのうち、建物などに入り込んで金品を盗む泥棒を「侵入盗」といいます。この侵入盗の狙いが、一昨年あたりからちょっと変わってきています。

 警察では、場所別に侵入盗を分類しています。これを見ると、どのような建物が狙われたのかがわかります。住宅、事務所、店舗、学校、病院などと分かれていますが、大きく2つに分けて、住宅とそれ以外に分けることがあります。侵入盗のうち住宅侵入盗の割合を見たものが、右図の折れ線グラフになります。

 2010年に発生した侵入盗は約13万6500件で、このうち住宅を狙ったものは約7万4500件でした。率にして、54.6%の泥棒が住宅を狙ったことになります。この割合は、2000年頃から上昇し始め、2004年まで上がり続けました。2004年といえば、防犯建物部品と呼ばれる「CPマーク」が付いた建具が出始めた頃です。

 また、前年の2003年にはピッキングツールなどを不用意に所持することを禁じた、通称ピッキング法が施行されました。正しくは「特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律」といいますが、ピッキングツールだけではなく、バールやドライバーなどの所持も、その対象に含まれています。

 さらに、防犯パトロールなどの地域住民の方々の活動が増えてきた頃でもあります。これらの相乗効果によって、住宅を狙う泥棒に抑止が働いたのではないかと考えられます。

 2004年以降、数年はあまり大きな割合の増減はありませんでしたが、一昨年の2009年に4%ほど低下し、54%台になりました。つまり、泥棒の狙いが住宅から、会社や店舗などにシフトしたことになります。この理由は定かではありませんが、それが昨年も続く状況となったのです。

 ご家庭では、今回の震災の影響で「防災」についての準備を行っていることと思いますが、「防犯」についての準備も怠らないでください。

セコムIS研究所
セキュリティコンサルティンググループ
濱田宏彰

住宅侵入盗の割合の推移(警察庁)
住宅侵入盗の推移と
侵入盗に占める
住宅侵入盗の割合の推移
(警察庁)
月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ