セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 「安全・安心」のための5年ぶりの国勢調査


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

「安全・安心」のための5年ぶりの国勢調査

 先日、10月1日は国勢調査の日でした。今回から、調査員への手渡し提出以外にも、郵送による提出やインターネットによる回答といった、別の手段も用意されましたので、日中に不在な方も提出しやすくなったのではないでしょうか。

  2005年以来、5年ぶりの国勢調査で、国の情勢がどのように変わったのか、結果を見るのが今から楽しみです。人口などは、国勢調査を元に随時推計が行われています。そのため、現在の推計人口は5年前のデータがベースになっており、多分に誤差が含まれています。今回の調査で、この誤差が一旦なくなることになります。

 ところで、9月は防災の日があるため、各地で避難訓練などの防災イベントがあったことと思います。自治会や市町村の防災訓練に参加された方は、地域の指定避難所に向かわれたはずです。多くの場合、公立の小学校や中学校かと思われますが、学校の広さにはおのずと限界があり、何人を収容できるかは決まっています。大地震などの災害が発生した場合に、避難するスペースの確保や非常食の確保などの防災計画を作成しておかなければなりません。そのベースとなるデータとしても国勢調査の結果が利用されているのです。

 住民の所在を表すもののひとつに住民票があります。引越しや転勤などで市町村役場に届け出ると思います。しかし、その住所にその人が本当に住んでいるかどうかはわかりません。住民票は実家に残したままで、別の場所に引っ越して住んでいることもあるわけです。一方、国勢調査の場合は、住民票とは関係なく調査員が一軒一軒回って、その時点でその場所に人が住んでいるかどうかを確認しながら調査票を渡します。したがって、何人がその地域に住んでいたかを、より正確に捉えることが可能になるのです。

 万が一の場合に、災害から国民を守るための計画を立てる上でも、国勢調査は重要なデータと言えそうです。

(参考)
国勢調査令
平成22年国勢調査 調査票の記入に関するFAQ

セコムIS研究所
セキュリティコンサルティンググループ
濱田宏彰

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • あんしん介護のススメ
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ