セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 住宅用火災警報器の全国普及率は58%


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

住宅用火災警報器の全国普及率は58%

 火災による死者を減少させる目的で設置が進められている、住宅用火災警報器ですが、いよいよ設置義務化まで1年となりました。今年6月末の時点での設置状況が消防庁から発表されました。昨年末の時点での推計で52.0%でしたが、今回は58.4%に伸びました。半年でさらに312万世帯に設置が進み、全体として2865万世帯になりました。

 右の図は、都道府県別の普及率です。最も普及率が高いのは宮城県の78.7%です。ついで石川県の77.6%、東京都の76.9%、愛知県の72.9%、富山県の70.6%です。70%以上となっているのは、この5県です。反対に、普及が遅れているのは、高知県の34.1%、山梨県の34.4%、沖縄県の34.6%、大分県の35.1%と続きます。40%を下回っているのは8県です。普及率の全国分布を見ると、西低東高のようです。

 普及率の数字も気になるところですが、この半年の間にどれだけ普及が進んだかという尺度で47都道府県を見渡すと全く異なる順位となります。最も普及率が伸びたのは香川県で、20%近い伸びとなっています。ついで、新潟県、徳島県、鳥取県、和歌山県、佐賀県、東京都、福島県と続きます。この8県は10%以上も伸びました。これらの県は、半年前の普及率が低かった県が多く、伸びしろが大きいこともありますが、自治体や消防、地域の自治会などの強力な推進運動があったのではないでしょうか。

 アメリカでは、この住宅用火災警報器が9割以上の住宅に普及しています。そういう意味では、日本の各県の普及率には、まだまだ伸びしろがあると言えそうです。

(参考)
セコムのホーム火災センサー

「普及率52% 住宅用火災警報器」(2010/02/03「データから読む」)

「煙と住宅用火災警報器 土用の丑の日によせて」(2010/07/26「安心豆知識」)

セコムIS研究所
セキュリティコンサルティンググループ
濱田宏彰

住宅用火災警報器の普及率(2010年6月末時点) 住宅用火災警報器の普及率(2010年6月末時点)
(消防庁)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • あんしん介護のススメ
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ