セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 振り込め詐欺の1件あたりの被害金額は155万円


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

振り込め詐欺の1件あたりの被害金額は155万円

 ここで改めて振り込め詐欺に注意しましょう。この1年ほど、振り込め詐欺の件数の減少が続いていました。2009年1月から7月までに警察に届け出のあった認知件数は4752件です。また被害金額はおよそ60億1800万円となっています。昨年同期では、それぞれ13761件、およそ193億3900万円でしたので、どちらも3分の1程度に減少しています。

 しかしながら、右上の図のように、今年下半期に入ってからは2カ月連続で増加し、7月の被害金額は9億8000万円になりました。また、被害1件あたりの被害額は、およそ155万円と最近の中でも最も高い水準になっていることも気になります(右下図)。

 最近では、市民からの情報をもとに警察が対策に力を注いでいます。ハンムラビ法典の「目には目を、歯には歯を」ではありませんが、「だましにはだましを、詐欺には詐欺を」といった感じで、警察が被害者になりすまして電話応対を行うなどの対策を進めています。それにより、犯行に使われる携帯電話の利用を停止したり、振り込み先の口座を凍結したりして、被害の拡大を抑えています。

 振り込め詐欺の手口がますます巧妙化し、最近では、新型インフルエンザという世相を反映した手口もあったそうです。「新型インフルエンザにかかったみたいで、声がおかしいけどオレだよ」といった具合のようです。また、つい先日も筆者宅に「架空請求ハガキ」が届いたばかりです。いかにもインクジェットプリンターで印刷したような文字で「内容確認通知書」というものが届きました。全く身に覚えがないので、警察の相談窓口に連絡しました。警察では、110番の他、#9110番やメールで相談を受け付けています。詳しくは警察庁のWebサイトをご覧ください。ちょっとでもおかしいと感じたら、すぐに振り込まずに警察などに相談することが被害拡大防止につながります。

セコムIS研究所
セキュリティコンサルティンググループ
濱田 宏彰

グラフ:振り込め詐欺の認知件数と被害金額の推移(警察庁)

振り込め詐欺の認知件数と
被害金額の推移(警察庁)





グラフ:振り込め詐欺1件あたりの被害金額の推移

振り込め詐欺1件あたりの
被害金額の推移

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ