セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 2倍、3倍に増加したひったくり


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

2倍、3倍に増加したひったくり

 ひったくりが激増しています。昨年同期比(1?5月)で1.6倍に増えた東京都ですが、あまりの急増ぶりに、警視庁とコンビニやバイク業界などが緊急対策会議を開いたようです。官民を挙げての対策を行うのは初めてとのことです。政府は景気の底入れを発表しましたが、雇用情勢などはいまだ改善の気配はなく、それにともない犯罪に手を染めるケースも少なくないといえそうです。

 2009年に入ってから5月末までの間に発生したひったくりの件数を見ると、1479件の大阪府をワースト1位に、神奈川県1169件、東京都1149件、千葉県941件、埼玉県804件となっています。以下、愛知県、福岡県、兵庫県と続きますが、やはり都市部での被害が多いようです。

 これを昨年比で見てみると、都市部よりも地方での増加が目立つことがわかります(右図参照)。件数そのものが少ないところもあるため、今後の動向を見極める必要がありますが、現時点では、宮崎県、長野県、岩手県、茨城県、長崎県、福島県の各県が昨年同期比で2倍を越えている状況です。

 先日、茨城県のとある駅で、改札を抜けてきた帰宅途中の女性ひとりひとりに、警察官が「ひったくりが増えていますので注意してください」とパンフレットを配っていました。茨城県は昨年同期比2.7倍と、首都圏の中でもダントツの増加率であるために、対策に力を入れている様子でした。この時に、女性だけに注意を喚起していましたが、これには理由があります。2009年6月8日の「ひったくりの急増とその本質的対策」でも書きましたが、ひったくりの被害者の9割以上が女性なのです。

 また、警視庁の集計によると、夜6時から10時での被害が全体の約4割に達するそうです。特に夜8時から10時の件数は最も多くなっているとのことです。帰宅するのが遅くなる女性の方は、道路と反対側にバッグを持つなどの基本的な対策とともに、近づいてくるバイクや自転車などの気配に注意してください。

 軽自動車の助手席から身を乗り出してバッグなどをひったくる
ケースもあるそうです。そのためにも、ヘッドホンステレオを聴きながら夜道を歩いたり、ケータイでメールをしながらゆっくり歩いたりといった、周りへの注意がおろそかになりがちなことは避けましょう。現状では、しょっちゅう周りを見回すくらいの警戒心でちょうどよいのかもしれません。

セコムIS研究所
セキュリティコンサルティンググループ
濱田 宏彰

ひったくりの増加率(1〜5月)(警察庁)

ひったくりの増加率(1〜5月)(警察庁)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ