セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > つながっている安心 安心とコミュニケーション手段


月曜コラム 安心豆知識

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

月曜コラム 安心豆知識

つながっている安心 安心とコミュニケーション手段

 セコム(SECOM)の社名は、セキュリティ(Security)とコミュニケーション(Communication)の2つの言葉が由来となっています。実は、これら2つの言葉には深い関係があります。セキュリティという言葉には「安心」という意味合いが含まれているのですが、人がこの「安心」という心の状態に至るためには何らかのコミュニケーション手段が欠かせないのです。

 本コラムでは、「事態そのものを起きにくくする対策」「被害の拡大を防ぎ、最悪の状況に至らないようにする対策」「金銭的な窮地に陥らない対策」の3つが不安を感じたときに人ができることのすべてであり、それゆえこれら3つの対策を施すことで人は安心に至ると繰り返してきました。

 コミュニケーションは、これら3つの対策の2番目「被害の拡大を防ぎ、最悪の状況に至らないようにする対策」と深く関わっています。非常事態が発生したということを何らかの方法で知らなければ、「被害の拡大を防ぎ、最悪の状況に至らないようにする対策」は発動のしようがありません。それゆえ、この2番目の対策を間違いなく発動するためには、「被害の拡大を防ぎ、最悪の状況に至らないようにする」主体との確実なコミュニケーション手段を確保しておくことが欠かせません。これを本能的に知っているから、人は携帯電話を持つことで「安心」を感じるのです。

 コミュニケーション手段が確保されていれば、万一の際、警察、子どもの場合は親などの「被害の拡大を防ぎ、最悪の状況に至らないようにする」主体に対してSOSを発信することができます。逆に言うと、安心のためのコミュニケーション手段は、不特定多数とつながる必要はなく、「被害の拡大を防ぎ、最悪の状況に至らないようにする」主体に対してのみつながればよいということです。子どもに対しては、携帯電話の機能を絞り、しかし簡単・確実にいざというときのSOSを出せるものが求められているとも言えます。

 安心を確保するための仕組みであるセキュリティシステムには、「被害の拡大を防ぎ、最悪の状況に至らないようにする」主体との確実なコミュニケーション手段の確保が必要欠くべからざる要件であることがご理解いただけたものと思います。その上で、セコムのホームセキュリティや「ココセコム」などのシステムが、「被害の拡大を防ぎ、最悪の状況に至らないようにする」主体であるセコムとの確実なコミュニケーションの確保に、相当の配慮がなされていることを覚えておいていただければと思います。


セコム・ブランドと社名の由来
位置情報提供サービス「ココセコム」

セコムIS研究所
セキュリティコンサルティンググループ
甘利 康文

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ