防犯対策やセキュリティならセコム株式会社

このウィンドウを閉じる

報道資料 2016年8月9日
渋谷区
セコム株式会社

渋谷区とセコムが地域社会の防災対策などで協定
「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結
セコムとして全国初の協定、超高齢社会対応など地域社会の課題解決で広く協働

渋谷区(所在地:東京都渋谷区、区長:長谷部 健)と、セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、防災をはじめとした地域の社会的課題を一体となって解決するための協定を締結することに合意しました。セコムとして、全国の地方自治体とこのような協定を締結するのは初のこととなります。

渋谷区では、民間の優れたアイディアを導入して地域社会の課題解決を推進するため、公民連携による新しいマーケティングプログラム、「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー制度」をスタートしました。
 このたび、渋谷区とセコムは、「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」を締結することで合意しました。本協定により、①情報発信効果の高い企画、②スポンサー事業領域を中心とした社会解決支援、③企業ブランドプロモーション、④質の高い社会貢献活動、に協働で取り組みます。従来のスポンサーシップや寄付では、企業が拠出した費用の活用内容が見えづらい場合もありましたが、本制度は協定締結企業(セコム)にとっても社会貢献活動がより“見える化”できるものです。

渋谷区とセコムとのパートナーシッププログラムの主な内容は、①安全かつ防災に強い都市づくり推進領域における支援、②超高齢社会に向けた健康増進領域における支援、③ファシリティマネジメント領域における支援、④2020オリンピック・パラリンピック気運醸成に関する支援、⑤多様性社会(ダイバーシティ)の実現に関する啓発活動への支援、⑥人材開発及び研修プログラム等における人的交流などを見据えています。セコムは渋谷区に本社があり、今回の協定締結でCSRの観点からもセコムの強みを活かして地域社会への貢献に一層努めてまいります。

第一弾の取り組みとして、セコムは9月4日(日)に開催される「SHIBUYA BOSAI FES 2016」にメインスポンサーとして協賛します。同イベントは毎年「防災の日」に開催している「渋谷区総合防災訓練」をさらに充実した防災の総合フェスとして開催するものです。

渋谷区とセコムは今後、広範な分野で協働し、渋谷で暮らす・働く・遊ぶなど関係するすべての方々にとって、一層魅力的な渋谷区となるよう取り組んでいきます。

「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー制度」の概要

渋谷区とセコムは、次の項目について協働して地域社会的課題に取り組みます。

1.安全かつ防災に強い都市づくり推進領域における支援

2.超高齢社会に向けた健康増進領域における支援

3.ファシリティマネジメント領域における支援

4.2020オリンピック・パラリンピック気運醸成に関する支援

5.多様性社会(ダイバーシティ)の実現に関する啓発活動への支援

6.その他の支援

「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー制度」のイメージ

問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
セコム株式会社 コーポレート広報部 安田・竹内 TEL:03-5775-8210
渋谷区 経営企画課 基本計画担当主査 TEL:03-3463-1589

Copyright(C) SECOM CO.,LTD All Rights Reserved.