報道資料 2015年12月10日
セコム株式会社

世界初、民間防犯用の自律型小型飛行監視ロボット
「セコムドローン」のサービス提供を開始
改正航空法の施行に伴う承認取得、12月11日からサービス開始

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:伊藤 博)は、民間防犯用としては世界初の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」のサービス提供を、12月11日から開始します。「セコムドローン」は、セコムが長年培ってきた画像技術やセンシング技術、そして防犯・飛行ロボット技術を駆使し、セコム独自のコンセプト、ノウハウで開発した、世界に例のない独創的な自律型飛行監視ロボットです。

近年、企業へのオンライン・セキュリティシステムや監視カメラシステムなどの普及が進んでいます。セコムでは早期に異常を検出し、緊急対処や必要に応じて110番通報や119番通報を行い、お客様に「安全・安心」を提供しています。特に広い敷地を有する施設では、不審車(者)の映像を確実に捉えるため、敷地内に固定の監視カメラを設置するケースが増えています。固定の監視カメラは防犯上有効ではあるものの、遠くにいる不審車(者)の、特定の決め手になる車のナンバーや、人の顔や身なりなどが不鮮明である場合があります。

そこで、監視カメラとLEDライトを搭載した「セコムドローン」が侵入異常発生時に対象の車や人に上空から接近し、近距離で車の周囲を飛行し、車のナンバーや車種、ボディカラー、人の顔や身なりなどを撮影。この画像をいち早く無線でセコムのコントロールセンターに画像を送信することで、不審車(者)の追跡・確保に役立つことができます。

なお、6月に小型無人機(ドローン)の運行を見直すため、航空法改正の見込みとなり、弊社の小型飛行監視ロボットのサービス開始の延期をお知らせしましたが、改正した航空法の施行に基づき、第1号のご契約先の国の承認を本日朝得たことで、明日12月11日から「セコムドローン」のサービスを開始することになりました。

今回の「セコムドローン」の研究開発・商品化にあたっては、セコムのIS研究所と開発センターの技術力とセキュリティサービス・ネットワークに加え、情報セキュリティ技術、空間情報技術など、セコムグループの技術力を結集しました。セコムは、今後も“ALL SECOM”で「安全・安心・快適・便利」な社会の実現を目指してまいります。

■「セコムドローン」の利用イメージ

「セコムドローン」の利用イメージ

■「セコムドローン」の機体仕様

・サイズ…幅570mm(対角685mm)×奥行570mm×高さ225mm
・重さ…2.2kg(バッテリーを含む)
・飛行速度…時速10km
・飛行高度…不審者・不審車両追跡時 3~5m

■価格

・月額5,000円(税別)~
・工事料(ドローンポート、制御部含む)800,000円(税別)~

※オンライン・セキュリティシステムと「レーザーセンサー」による外周監視を導入済みのご契約先に対して、
「セコムドローン」を設置する場合。

自律型小型飛行監視ロボット「セコムドローン」

自律型小型飛行監視ロボット「セコムドローン」

飛行する自律型小型飛行監視ロボット「セコムドローン」(下から撮影)

飛行する自律型小型飛行監視ロボット「セコムドローン」(下から撮影)

■問い合わせ先

本件に関するお問い合せは、下記までお願いいたします。
セコム株式会社 コーポレート広報部 安田、竹内 TEL:03-5775-8210

セコムホームページトップに戻る