報道資料 2010年6月1日
  セコムトラストシステムズ株式会社
ノボ ノルディスク ファーマ株式会社
血友病患者さんの治療成績とQOL(生活の質)の向上をサポート
輸注記録サービス「ゆちゅレコ」を開発
セコムの「安否確認サービス」の基盤を活用した、血友病領域では初のサービス

 セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:前田修司)の情報系グループ会社であるセコムトラストシステムズ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:伊藤 博)は、糖尿病ケアの世界的リーダーであり、血友病、成長ホルモン療法などで主導的な役割を果たすノボ ノルディスク社(本社:デンマーク・バウスヴェア、社長:ラース レビアン ソレンセン)の日本法人であるノボ ノルディスクファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:クラウス アライセン)と業務提携し、血友病領域では初となる、携帯電話を利用した輸注記録サービス「ゆちゅレコ」を開発、6月10日からサービスを開始します。

 血友病とは、遺伝子の異常により、出血した際血液が固まるまでに時間を要す、あるいはしっかり固まらないといった先天性血液凝固障害の一つで、国内には約5000人の患者さんがおられます。患者さんは、日常の出血に対して製剤を、患者さん自身が血管内に注射する(輸注を行う)必要があります。そして、医師は患者さんの注射記録に基づき治療の指導をする義務があります。
 これまで、日々の輸注の記録は、記録用紙に書き込まれていましたが、記録忘れや、手間による記録漏れなどが見受けられ、「手軽に記録でき、記録を振り返ることのできるものが欲しい」といった切実な声も寄せられていました。

 セコムトラストシステムズは、2004年4月に、広域・大規模災害が発生した際にも事業継続、迅速な初動を行うための携帯電話を使い、迅速に自分の安否を会社などに報告する「セコム安否確認サービス」の提供を開始。2010年3月末現在、約2100社、230万人にご利用いただいています。

 こうしたセコムトラストシステムズが培った「セコム安否確認サービス」のノウハウと、医薬品の製造、販売からサービスまでを提供するノボ ノルディスク ファーマのノウハウを応用したものが、今回の「ゆちゅレコ」です。この「ゆちゅレコ」により、患者さんによる記録の向上と、記録をもとにした的確な医師の指導や、患者さんの早期治療が可能になることが期待されます。

■ 「ゆちゅレコ」の特長
(1) 時間や場所を選ばず記録
輸注の記録を、パソコンだけでなく携帯電話からも専用サイトに接続することで、いつ・何を・どれくらい・理由・出血などを手軽に記録ができます。
(2) 記録をグラフ表示し、状態を把握
注射の記録、出血の状況をカレンダーや人体図に表示したり、出血から輸注までにかかった時間や治療にかかった日数などをグラフに表示したりすることができます。
医師は、記録データを確認することで、患者さんの状態をより的確に把握することができ、治療方針に生かすことができます。
記録はセコムトラストシステムズの国内最高水準のセキュリティを完備した「セキュアデータセンター」で厳重に管理されるほか、IDやパスワードで管理されているため、個人情報管理も万全です。
(3) 「フレンド機能」を使うことで、周囲からのサポートを得る
「フレンド機能」とは、患者さんが家族や医師などに記録を見せることができるほか、メッセージの交換もできる利用者間の機能です。一人で治療するのではなく、周囲の支援を得ることができます。
■「ゆちゅレコ」入力画面イメージ

「ゆちゅレコ」
記録表イメージ
「ゆちゅレコ」
グラフ表示イメージ


<本報道に関するお問い合せは、下記までお願いいたします。>
セコム株式会社 コーポレート広報部 齋藤 TEL 03-5775-8210