セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

防犯対策・セキュリティのセコムトップ > 企業情報 > CSR > CSRの取り組み > コーポレート・ガバナンス > お取引先とともに

お取引先とともに

高品質なサービス・商品を提供するためには、さまざまなサプライヤーの皆様からの協力が不可欠です。セコムでは、相互理解と法令遵守の精神を重要視し、互いにパートナーシップを強固にし、高品質のサービスを提供するよう努めています。

バリューチェーンマネジメントの取り組み

テクノ事業本部の取り組み

写真:「新協力会社代表者セミナー」
「新協力会社代表者セミナー」

「テクノ事業本部」では、セキュリティシステムの工事や建物の設備点検や予防保全・改修提案を行うファシリティマネジメント業務に携わる協力会社の皆様との関係を深め、安全衛生強化をはじめ、さまざまな取り組みを行っています。

2014年9月には、新たにパートナーとなった協力会社の経営者の皆様を対象に、健全な組織運営やリスク管理を行い、会社組織を持続的に発展させるための「新協力会社代表者セミナー」を開催しました。約40社が参加し、「セコムの理念」や行動規範、セコムの工事を行う工事従事者の要件、安全作業、情報管理などの講義と、外部講師による経営理念、経営計画の重要性、社員教育などをテーマとする、実践的なアドバイスが行われました。

スコープ3の算定とCO2削減

セコムでは、社外の上流・下流のCO2排出量(スコープ3)を算定し、バリューチェーン全体でのCO2削減の基礎情報として活用しています。年々算定に参加する企業数が増え、算定精度向上、地球温暖化防止活動に対する理解促進と意識の啓発、そしてCO2削減につながっています。今後も、お取引先の皆様と協力してCO2削減に努めていきます。

CSR調査とガイドラインの検討

法令遵守や人権尊重、労働安全衛生、環境保全などのCSR課題へ、バリューチェーン全体で取り組むことが重要であると認識し、2013年に「サプライヤーCSR調査」を行いました。この調査では、社会的責任に関する国際規格であるISO26000の中核主題などへの取り組み状況の把握と、サプライヤーの皆様が自社のCSRを促進するきっかけとしていただくことも目的としました。

2015年3月には、ISO26000や世界人権宣言、ILO(国際労働機関)中核的労働基準などの国際規範を参考に、「セコムグループお取引先CSR推進ガイドライン」を作成し、一部のお取引先にご協力を頂き、アンケートを実施しました。

今後は、ガイドライン制定と実践のための検討を重ねて、すべてのお取引先にガイドラインを配布し、バリューチェーン全体でCSRの理解促進と対策強化をさらに進めていきます。

また、海外グループ企業のマネジメント層に対しては、各国の法令や、賄賂の禁止など、コンプライアンスについての特別な研修教育を行い、海外のお取引先の皆様との公正で健全なパートナーシップの構築に取り組んでいます。

バリューチェーンマネジメントの取り組み

サプライヤーへの「CSRアンケート調査」
サプライヤーと協働したバリューチェーン全体でのCO2排出量(スコープ1,2,3)把握と削減
省エネ性能や減量化・減容化を追求する「グリーン設計ガイドライン」の制定とサプライヤーへの要請
「セコムグループお取引先CSR推進ガイドライン」

防犯対策・セキュリティのセコムトップ > 企業情報 > CSR > CSRの取り組み > コーポレート・ガバナンス > お取引先とともに

ページの先頭へ

ホームセキュリティ防犯、警備のことならセコムにご相談ください。
お客さまのニーズに応えるため、家族構成や住居タイプに応じたホームセキュリティのプランを多数ご用意しております。
また、監視カメラ防犯ガラスなど、各種サービス・防犯対策商品をご提供しております。

セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

Secured by SECOM
SSLサーバ証明書