セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

防犯対策・セキュリティのセコムトップ > ホームセキュリティ > 安全・安心ポータル > セコム防犯・防災用語集
安全・安心ポータルトップへ

セコム防犯・防災用語集

飛ばし携帯(とばしけいたい)

インターネットで不正に売買されている他人名義や架空名義を使用した携帯電話のこと。
利用者の身元が特定されてにくいため、振り込め詐欺などの犯罪に悪用されるケースが多くなっています。2006年4月に全面施行された携帯電話不正利用防止法では、他人に譲渡する目的での契約などを禁じています。

ストーカー

好意や怨恨などの理由により、執拗につきまとうなどの行為を繰り返すこと。
「気に入られた」「冷たくされた」などといった一方的な勘違いが、ストーカーを招くこともあります。ストーカーに狙われないためには、日ごろの言動に気をつけることです。また、毎日の行動がワンパターンだと狙われやすくなるので、意識して行動を変えるようにします。
ストーカーから女性を守るために、2000年11月から「ストーカー規制法」が施行されています。ストーカーの被害にあった場合は、すぐに警察に相談しましょう。

恐喝 (きょうかつ)

暴力や公表できない弱みを握るなどの手段で相手を脅迫し、恐怖心を抱かせ、金銭などの財産を奪う犯罪のこと。
恐喝の代表的なものに、被害の深刻化している「振り込め恐喝」があります。いわゆる「振り込め詐欺」には「オレオレ詐欺」、「架空請求詐欺」、 「融資保証金詐欺」、「還付金詐欺」がありますが、金銭を得る手段として被害者を脅迫した場合には、振り込め恐喝になります。恐喝罪は、10年以下の懲役 と、重い罪が科せられます。

通り魔 (とおりま)

確たる動機もなく、通りすがりの不特定の人に殺傷などの危害を加える者のこと。
通り魔殺人事件はここ数年増え続けており、このような犯罪を防止するため、2008年12月に「銃刀法」が改正され、殺傷能力の高いダガーナイフなど刃渡り5.5m以上の両刃の刃物は所持が禁止されました。また、鉄砲刀剣所持者の範囲の規制を、さらに強化しました。
通り魔事件は、いつどこで起きるか分からないので、常に警戒心を持っていることが大切です。歩いている時に、イヤホンで音楽を聴いていたり携帯電話をかけていると、周囲の異変に気がつかず、逃げ遅れてしまいます。また、自分の身は自分で守るようにすることも、大切です。

盗撮 (とうさつ)

被写体の人物に気づかれないようにして、カメラなどで撮影する行為のこと。
女性の盗撮も卑劣な行為ですが、金銭にかかわる盗撮として大きな問題になっているのが、ATM (現金自動預払機) の利用客のキャッシュカード番号や暗証番号を盗撮して、利用客の現金を引き出す犯罪です。その手口は、ATMの操作画面とカード挿入口を撮影できる無線式のカメラを、天井などに取り付けて撮影し、その映像からキャッシュカードを偽造します。そして、その偽造したキャッシュカードを使って、盗撮した利用客の現金を引き出します。
このような犯行を防ぐために、盗撮を防止するカバーや、盗撮を発見して被害を防止するサービスが、登場しています。

盗聴 (とうちょう)

他人のプライベートな情報や企業の機密情報などを、盗み聞きする行為のこと。
盗聴の目的は、ストーカー行為や家庭内の不義調査だけではなく、さまざまな動機があります。盗聴器は非常に小さいもので、電話やコンセントなど、普段の生活で使っているものや目にするものの中に隠されている場合が多いので、被害に気づきにくいと言われています。
盗聴の不安がある方は、盗聴・盗撮発見センサーを使って、調べてみるのもひとつの方法です。しかし、盗聴器を仕掛けられた場所やものは素人には分かりにくいので、専門の業者に調査を依頼したほうがよいでしょう。

痴漢 (ちかん)

女性にわいせつな行為をする男のこと。
痴漢は、混雑する電車内でよく被害が発生し、通勤ラッシュがピークになる午前8時台に集中しています。電車の中で痴漢に注意が必要なのは、次の3つの場所です。
それは、痴漢が逃げやすい改札口に近い車両、奥まっていて被害者の逃げ場がない車両の連結部あたり、最も混雑するので接触が容易なドア付近です。女性が痴漢の被害にあうのは、実は路上が最も多く、2009年には被害総数の40%以上を占めています。路上で狙われやすい場所は、人通りがすくないところ、薄暗いところなどです。
このような場所は、できるだけ一人で歩かないで、家族に迎えに来てもうらいようにしましょう。一人暮らしの女性は、防犯ブザーなどを持ち歩くとよいでしょう。

オヤジ狩り (おやじがり)

若者たちが集団でサラリーマンの男性を襲撃して、金品を奪うこと。
被害者は中高年のサラリーマンが多いのですが、最近は若いサラリーマンが襲撃されるケースも増えています。狙われるのは、酔った男性や弱そうな男性で、暴行や恐喝をしてお金を巻き上げます。
このところの不況で、中高年のサラリーマンがあまりお金を持っていなかったり、反撃したりすることから被害者はホームレスなどに変わってきています。犯人は未成年の場合が多いのですが、少年だとしても卑劣な強盗として、重い罪に問われます。

ページの先頭へ
防犯対策・セキュリティのセコムトップ > ホームセキュリティ > 安全・安心ポータル > セコム防犯・防災用語集

ホームセキュリティや防犯、警備のことならセコムにご相談ください。
お客さまのニーズに応えるため、家族構成や住居タイプに応じたホームセキュリティのプランを多数ご用意しております。
また、監視カメラや防犯ガラスなど、各種サービス・防犯対策商品をご提供しております。

セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

Secured by SECOM
SSLサーバ証明書