セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

防犯対策・セキュリティのセコムトップ > ホームセキュリティ > 安全・安心ポータル > セコム防犯・防災入門 > 犯罪の手口−狙う時間帯

犯罪の手口−狙う時間帯

トップへ

夜間や留守中だけではありません。
ちょっとした隙も狙われます。

警察庁の統計を見ると、最も被害が多いのは、一般的に不在になりがちな10時〜16時の時間帯です。ただし、泥棒が狙うのは留守宅だけではありません。住宅侵入盗の約2割は、在宅中にもかかわらず入り込む手口です。

24時間、油断はできません

グラフのとおり、どの時間帯にも一定量以上の侵入犯罪が発生しています。朝のゴミ出しや近所への買い物などのとき、すぐに戻るから、とをかけずに家を離れていませんか?
泥棒は、狙った家を入念に観察しています。が開いていればしめたものです。室内を物色する時間は5分以内。あっという間に盗み出し、逃走してしまいます。

全国の侵入犯の時間帯別発生件数
安全・安心ポータルトップへ ページの先頭へ

ホームセキュリティや防犯、警備のことならセコムにご相談ください。
お客さまのニーズに応えるため、家族構成や住居タイプに応じたホームセキュリティのプランを多数ご用意しております。
また、監視カメラや防犯ガラスなど、各種サービス・防犯対策商品をご提供しております。

セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

Secured by SECOM
SSLサーバ証明書