写真:今回の食材

イタリア料理とともに普及!

ピリッとした辛みと、ゴマのような香りのルッコラは、イタリア料理に欠かせないハーブ。地中海地方が原産と言われ、日本ではイタリア料理の普及とともに知られるようになったので、イタリア語で「ルッコラ」と呼ばれますが、英語やフランス語では「ロケット」と名が付いています。日本にやってきた当初はイタリアからの輸入に頼っていましたが、1980年代に入ると日本でも生産されるようになりました。地中海地方と同じく温暖な静岡県や千葉県での生産量が多くなっています。

サラダにピッタリ!「ベビーリーフ」

サラダに使われることの多いルッコラですが、店頭でよく見かけるサラダ用の生野菜「ベビーリーフ」にも入っています。ベビーリーフは数種類の若芽を集めたもので、ルッコラの他には茎の赤いデトロイトや、水菜、ほうれん草などが使われています。また、ルッコラに似たギザギザの葉を持つ「セルバチコ」も出回るようになりました。ピリッとした辛みや、ゴマの香りはルッコラと同じですが、セルバチコの方が辛みや苦みがあり、独特の風味が強くなっています。

写真:今回の食材

クレオパトラの愛用食材!?

ルッコラは地中海地方では古くから栄養豊富な食材として知られ、クレオパトラが美しさを保つために好んで食べたと言われているほど、女性にうれしい栄養素がたっぷり含まれています。辛み成分のアリルイソチオシアネートは強い抗酸化・抗菌化作用があるとされ、肌の老化を防ぐ働きが期待できます。また、ビタミンCはほうれん草の2〜3倍も含まれます。ビタミンCは肌をしっとりさせるコラーゲンの生成に関わり、紫外線によるシミ・そばかすを防ぐ働きがあるので、美肌には欠かせないビタミン。ルッコラは、美肌力を高めたい女性にピッタリの食材なのです。

緑が濃いほど風味もアップ!

ルッコラを選ぶときは、緑が鮮やかでシャキッとしているものを選ぶようにしましょう。黄色っぽくなっているものは鮮度が落ちているので避けます。葉の色が濃いほど辛みなどの風味が強く、若芽で茎が細いものはソフトな風味なので、用途や好みによって使い分けるようにしましょう。乾燥しないように袋に入れて、根元を下にして立てて冷蔵庫で保存します。風味を活かしたサラダが人気ですが、他の葉物野菜と同様におひたしや炒め物にしてもおいしくいただけます。加熱すると独特の風味は弱くなり、苦手な方にとっては食べやすくなります。

スペシャリストが直伝!美味食材アドバイス

写真:藤森明子さん


スペシャリストが直伝!
美味食材アドバイス

ルッコラは栄養豊富な食材で、ビタミンCの他にもβカロテン、ビタミンE、ビタミンKなどのビタミン類、鉄やマグネシウムなどのミネラルがたっぷり含まれています。また、ルッコラは日本の気候に向き、育てやすいので、プランターなどで気軽に栽培できます。陽当たりの良い場所で、春か秋に種まきをすると、30日程度で収穫できるようになります。特に秋は育てやすいので、初心者の方にオススメです。

写真:藤森明子さん

藤森明子さん

食品メーカーに勤務後、料理教室の講師を経験。その後は栄養士として勤務。
1995年に管理栄養士を取得。
現在はマダムマーサ・クッキングスタジオや調理師専門学校の講師、食品メーカーの試食作り、食育イベント、保健指導などで活躍中。

  • 前へ
  • 次へ