生命力の強い東洋野菜

独特の香りが特徴的なニラは、中国西部が原産地。中国や日本をはじめとしたアジア各国では親しまれていますが、欧米諸国ではほとんど食べられていないという、代表的な東洋野菜です。日本では古事記に登場するほど古くから知られていましたが、長く薬草として用いられてきて、広く食用として広まったのは明治時代以降。ニラは寒さにも暑さにも強いうえ、非常に生命力があり、同じ株から年に3〜4回収穫できます。1年中出回りますが、やわらかい春ニラの4〜5月と、葉の厚みと独特の風味が増す冬ニラの11〜2月がおいしい季節。現在の生産量1位は温暖な気候がニラ栽培に適した高知県で、「ニラ塩焼きそば」というご当地グルメがあるほど。2位は餃子の街・宇都宮で知られる栃木県です。

香りの源「アリシン」がすごい!

ニラの独特の香りは、ネギやニンニクにも含まれる硫化アリルの一種アリシンで、さまざまな効能が知られている成分です。血行を促進し、血液をサラサラにして動脈硬化などを防いだり、消化酵素の分泌を促して食欲を増進させるはたらきがあります。殺菌作用もあり、胃炎や胃がんの原因になるピロリ菌や、風邪や気管支炎の原因になるウイルスから身体を守る効果も期待できます。また、ニラにはエネルギーの代謝に欠かせないビタミンB1の吸収を高めるはたらきがあるため、疲労回復やスタミナアップにはうってつけの食材です。

アンチエイジングにピッタリ!?

ニラにはアリシン以外にも豊富な栄養素が含まれています。免疫力をアップして風邪予防に効果的なベータカロテンの含有量はほうれん草以上。ベータカロテンは抗酸化作用があることでも知られていますが、ニラには同じ抗酸化作用のあるビタミンC、Eも豊富に含まれるので、アンチエイジングやガン予防につながるはたらきが期待できます。また、体内の余分な塩分を排出するカリウム、便秘予防に欠かせない食物繊維も含まれています。ただし、アリシン、ベータカロテンは熱に弱い成分なので、加熱する時は短時間で調理することを心がけましょう

葉先までまっすぐなものが良品

ニラを選ぶ時は、葉が広く厚めのもので、ピンとまっすぐ葉先まで立っているものを選びましょう。切り口がみずみずしいものは新鮮な証拠です。逆に、変色したり、しおれたりしているものは鮮度が落ちているので避けましょう。ニラは傷むのが早いので、買ってきたらできるだけ早く食べ切るのが鉄則。保存する時は新聞紙に包んで冷蔵庫で立てておくと、2日ほどなら保存可能です。葉が折れるとそこから傷むので注意しましょう。また、大量に手に入った時は、食べやすい大きさに切って冷凍保存することもできます。ただし、冷凍したものは炒め物には向かないので、汁物の具などに使いましょう。

スペシャリストが直伝!美味食材アドバイス

写真:藤森明子さん

スペシャリストが直伝!
美味食材アドバイス

個性的な香りと味わいで、さまざまな料理に使われるニラ。栄養たっぷりの食材ですが、特に多く含まれているのがアリシンとベータカロテンです。アリシンはビタミンB1の吸収を高めるので、ビタミンB1が多く含まれる豚肉などの肉類と一緒に食べるのがおススメ。また、ベータカロテンは脂と一緒に食べると吸収力が高まるので、炒め物は効率良く摂取できる食べ方。つまり、ビタミンB1が多く含まれるレバーとニラを炒める「レバニラ」は、非常に理にかなった調理法なのです。

写真:藤森明子さん

藤森明子さん

食品メーカーに勤務後、料理教室の講師を経験。その後は栄養士として勤務。
1995年に管理栄養士を取得。
現在はマダムマーサ・クッキングスタジオや調理師専門学校の講師、食品メーカーの試食作り、食育イベント、保健指導などで活躍中。

  • 前へ
  • 次へ