夏に旬を迎える果物の王様!

芳醇な甘い香りと味わいで、果物の王様と言われるメロン。分類的には、ウリ科でキュウリと同じ種類の植物です。歴史は古く、古代ローマやエジプトでも栽培されていたと言われています。日本に現在流通しているようなヨーロッパ系メロンが伝わってきたのは明治時代で、大正時代には温室栽培が始まりましたが、価格が非常に高く、一般的には高嶺の花でした。昭和30年代になり、古くから日本で栽培されてきたマクワウリとヨーロッパ系メロンを掛け合わせたプリンスメロンが登場し、大衆的な価格と甘みの強い味わいで一気に人気を獲得。一時はメロン市場の70%を占めるほどでしたが、現在は様々な品種が登場して、選ぶ楽しみが増えています。メロンの旬は夏を迎える5〜8月です。

個性的なブランドメロンが次々と登場!

メロンは人気のある果物なので、日本各地で特産品のブランドメロンが開発・生産されています。メロンは皮の表面に網があるかどうかでネット系、ノーネット系に分けられ、果肉の色によって赤肉系、青肉系、白肉系に分類されます。ネット系の代表格はマスクメロンですが、これは品種ではなくムスク(じゃ香)の香りがするメロン、という意味が名前の由来で静岡県の特産品です。夕張メロンはオレンジ色の赤肉系で北海道夕張市、タカミメロンは青肉系で茨城県の特産品、楕円形のアムスメロンも青肉系で千葉県の特産品のネット系メロンです。ノーネット系ではプリンスメロンが代表格で、他に青森産のホームランメロン、輸入品の多くを占めるハニーデューメロンなどがあります。

肉料理の後のデザートにピッタリ

夏に旬を迎えるメロンには、暑い季節にうれしい成分が多く含まれています。特にカリウムが非常に多く含まれ、体内の余分な塩分を排出し、水分のバランスを整える作用があるので、むくみやすい夏にはピッタリです。また、夕張メロンやクインシーメロンなどの赤肉系には、ベータカロテンが豊富。髪や皮膚の状態を整えるはたらきが期待できるので、紫外線のダメージを受けやすい季節には積極的に摂取したい成分です。また、タンパク質分解酵素のククミシンが含まれているので、肉や魚などを食べた後のデザートにメロンを摂ると、タンパク質の分解が早まりエネルギー源として効率的に活用されるので、夏バテや疲労の回復につながると言われています。

メロンとスイカの相性は!?

メロンを選ぶときは、左右対称で形が良く、持ったときにずっしりと重いものが良いでしょう。ネット系メロンは、網模様がハッキリして均一に広がっているものが良品です。メロンは収穫後追熟するので、まだ固く香りが弱いものは冷蔵庫に入れず、常温で追熟させます。お尻を押して少し弾力を感じるようになり、メロン独特の甘い香りが強くなってきたら食べごろです。食べる2時間くらい前に冷蔵庫で冷やして食べましょう。完熟すると中から発酵して2日程度しか持たないので早めに食べきるようにします。また、夏の果物と言えば、メロンと並んでスイカが人気ですが、メロンは農産物の熟成を早めるエチレンガスの排出が多く、スイカはエチレンガスの影響を受けやすいので、一緒に保存するとスイカの熟成が進み、味の劣化を早めてしまうので注意が必要です。

スペシャリストが直伝!美味食材アドバイス

写真:藤森明子さん

スペシャリストが直伝!
美味食材アドバイス

芳醇な香りと甘みを持つメロンの主成分は、果糖やブドウ糖などの糖質です。メロンに含まれる糖質は、素早く身体に吸収されてエネルギーに変わりやすいので、疲労回復効果が期待できます。メロンは病中病後のお見舞い品としても広く使われていますが、食欲がない時でも食べやすく吸収が早いので、これは理にかなっています。食べごろになったメロンは日持ちしないので、食べきれないときは一口サイズに切って冷凍するのがおススメ。そのままシャーベットとして食べるのはもちろん、牛乳やヨーグルトと合わせてミキサーにかけるとスムージーとして楽しむことができます。

写真:藤森明子さん

藤森明子さん

食品メーカーに勤務後、料理教室の講師を経験。その後は栄養士として勤務。
1995年に管理栄養士を取得。
現在はマダムマーサ・クッキングスタジオや調理師専門学校の講師、食品メーカーの試食作り、食育イベント、保健指導などで活躍中。

  • 前へ
  • 次へ