最大の生産・消費国は、やはり日本!

爽やかな香りと酸味で、調味料として料理のグレードを格段にアップさせる力のある柚子<ゆず>。中国が原産と言われていますが、最大の生産・消費国は日本です。韓国も生産量が多く、「柚子茶」が日本でもブームになったのを覚えている方も多いのではないでしょうか。
店頭に出回る黄色い柚子は、11月頃以降に熟した果実を収穫したもの。8月頃から実をつける青柚子も「柚子胡椒」の材料として重宝されています。柑橘類の中では比較的寒さに強いので、九州から本州まで広い範囲で栽培されていますが、特に高知県の山間部である馬路村や北川村が産地として有名で、柚子酢などの名産品が多く生産されています

冬にうれしい栄養素がいっぱい!

柚子には、寒い冬にうれしい栄養素がたくさん含まれています。まず、風邪予防や免疫力の強化に欠かせないビタミンCの含有量は、レモンの3〜4倍と言われているほど豊富。しかも、ビタミンCの吸収を助けるビタミンPも多く含まれているので、効率的に摂取することができます。
ビタミンEは、毛細血管を広げて血行を良くするはたらきがあるので、冷え症の改善が期待できます。また、冬は宴会が多い季節ですが、体内の疲れの元である乳酸を減らす働きがあるクエン酸も多く含まれているので、二日酔い予防にも効果的です。

「柚子湯」は理にかなった習慣

柚子には独特の香りがありますが、この香り成分はリモネンなどの精油成分で、リラックス効果があると言われています。柚子は果肉よりも皮の部分に栄養素が多く含まれているのが特徴で、この精油成分も主に皮に含まれます
冬至には「柚子湯」に入る習慣がありますが、皮ごとお風呂に柚子を入れることで成分がお湯に溶け出し、ビタミンCの美肌効果や風邪予防効果、ビタミンEの血行改善効果、クエン酸の殺菌効果などが期待でき、非常に理にかなった冬にピッタリの「お風呂」になります。リラックス効果のある香りを楽しみながら、ゆっくりと柚子湯に入って冬を乗り切りましょう!

皮も果汁も使い切ろう!

柚子の皮を少しずつ削り取りながら長く楽しもうと思っていたのに、気づいたら傷んでいて香りも飛んでしまっていた、という経験をした人は多いのでは?柚子は意外に日持ちせず、さらに皮を削るとそこから傷み始めるので、できるだけ早く使い切ることが大切です。たくさんいただいた時は、皮と果汁を分けて保存するのがおススメ。搾った果汁は、柚子酢としてお酢の代わりにドレッシングにしたり、お鍋のポン酢にしたり、と用途はいっぱい。香りも良く、贅沢な食卓が楽しめます。剥いた皮は、細切りにしてからからに乾燥するまでザルなどに広げて天日干しすれば、浅漬けやお吸い物の薬味にしたり、紅茶に入れたり、こちらも使い道はいろいろあります。皮をむいて果汁を絞った柚子も捨てないように!柚子湯にすれば、まだまだ柚子の効能の恩恵を受けることができます!

スペシャリストが直伝!美味食材アドバイス

写真:藤森明子さん

冬になると目にする機会の多くなる柚子は、身体にうれしい栄養素を多く含む食材です。柚子茶は韓国女性の美肌の秘密と言われてブームになりましたが、皮ごと煮詰められているので、ビタミンCやビタミンEなどの肌荒れ防止効果や冷え性改善が期待できる成分を効率よく摂取できる飲み物です。また、柑橘系の中ではカルシウムが豊富なのも特徴。カルシウムはイライラを抑えてくれる働きがあるので、疲れた時には柚子茶や柚子酢にハチミツを加えたドリンクでほっと一息してみてはいかがでしょうか?

藤森明子さん

食品メーカーに勤務後、料理教室の講師を経験。その後は栄養士として勤務。
1995年に管理栄養士を取得。
現在はマダムマーサ・クッキングスタジオや調理師専門学校の講師、食品メーカーの試食作り、 食育イベント、保健指導などで活躍中。

  • 前へ
  • 次へ

セコムの食から旬をお取り寄せ 美味食材を味わう

他では物足りなくなるほど。
個性あふれる柚子こしょうです

辛鮮・柚子こしょう 3食

柚子の爽やかな香りに蜂蜜で華を添えた国産のゆず茶です

ゆずティー

柿の風味が豊かにふくらむ昔ながらのお茶うけ

柚子巻き柿

はんなりやわらかなちりめん山椒と柚子胡椒ちりめんのセットです

ご飯によく合うちりめん山椒・柚子胡椒ちりめんセット

野菜嫌いの子供たちに使ってもらいたいドレッシングです

野菜たっぷりノンオイルドレッシングゼット

※上記商品の取扱状況は、掲載時のものです。
取り扱いのない場合もございますので、「セコムの食」のサイトでご確認ください。

セコムの食

安心・安全のセコムが選んだ全国各地の美食、グルメ、特産品をお取り寄せすることができる食品の通信販売です。お得な頒布会や、贈り物にも最適な「選べるギフト」もおすすめです!