写真:びわ

初夏を感じさせるさわやかな果物

さわやかな甘みと、ほのかな酸味で人気のびわ。中国が原産の果物で、6世紀にはすでに栽培が始まっていたと言われています。日本には江戸時代の中期に中国から伝わり、江戸時代末期から本格的に栽培がスタートしました。以前はあちこちの庭先にびわの木を見かけましたが、近年はすっかり高級化し、贈答用としても人気が高まっています。旬は5~6月で、初夏を感じさせる季節感のある果物ですが、最近ではハウス栽培も盛ん。1月ごろから早生種が出回っています。
寒さに弱く、温暖な気候を好むので、千葉県を北限として本州南部、四国、九州で栽培されています。特に栽培が盛んなのは長崎県、千葉県、香川県、愛媛県で、特に長崎県は全国の4割近くを生産する一大産地です。

次々と新品種が登場!

西日本を代表する品種は「茂木(もぎ)」で、作付面積全体の半分以上を占めます。主に長崎県で栽培され、重さは40~50gとやや小ぶりで、甘みが強く酸味が控えめです。一大産地の長崎県では、みずみずしい早生種の「長崎早生(ながさきわせ)」、60g前後と大粒の「なつたより」「涼風(すずかぜ)」など、新しい品種が次々と開発されています。
東日本の代表的な産地・千葉県富浦町で栽培が盛んなのが「大房(おおぶさ)」。寒さに強く、大きなものは100gにもなる大型品種です。酸味が少なく果汁が豊富で「房総びわ」として親しまれています。他にも、60gほどで甘味と酸味のバランスが良い「田中」、100g前後と大粒の「瑞穂」が栽培されています。また、まだ流通量は少ないですが、種なしびわの「希房(きぼう)」が千葉で誕生しています。

写真:びわ

オレンジ色に、秘密あり!

びわの果肉のオレンジ色は、「カロテノイド」と呼ばれる色素で、含有量が多いほど色が濃くなります。びわに含まれるカロテノイドのひとつはβカロテンで、体内でビタミンAに変わり、粘膜や皮膚の健康を保ち、免疫力を高めるはたらきがあります。同じくカロテノイドのひとつβクリプトキサンチンは、アルコールから肝臓を守ったり、ガン予防が期待できるとして、注目が集まっています。
びわは皮を向いてしばらく置くと変色しますが、これはポリフェノールが含まれているため。ポリフェノールには抗酸化作用があり、アンチエイジングにつながります。また、体内の余分な塩分を排出し、血圧を正常に保つカリウムも豊富です。


追熟しないので、早めに食べよう!

びわを選ぶときは、果皮にハリがあり、きれいなオレンジ色のもの、うぶ毛がしっかり残っているものが良いでしょう。果皮に傷があったり、うぶ毛が取れて表面がテカテカしているものは鮮度が落ちています。
びわは追熟しないので、買ってきたらできるだけ早く食べ切るようにします。また、冷蔵庫に入れると傷みが早くなり、風味が落ちるので、冷やすのは食べる直前にします。それまでは常温の冷暗所で保存しましょう。
食べるときはヘタ(軸)を持って、反対側の先端から軸に向かってむくと、手で簡単にむけます。多く手に入ったら、シロップ漬けやジャム、果実酒のびわ酒にして楽しみましょう。

スペシャリストが直伝!美味食材アドバイス

写真:藤森明子さん


スペシャリストが直伝!
美味食材アドバイス

ジューシーでさわやかな甘みがあり、初夏を感じさせる味覚のびわ。古い仏教経典では、びわの木を「大薬王樹(だいやくおうじゅ)」、葉を「無憂扇(むゆうせん)」と呼び、その薬効が記され、実よりも種や葉がさまざまな民間療法に活用され、重宝されてきました。びわの種は、杏仁のような香りを持ち、びわの種だけを漬け込んだ「びわ種酒」は、香り高く濃厚な味わいで美味。また、びわの種の香りを牛乳や生クリームに移してゼラチンで固めると、「びわ杏仁豆腐」ができます。

写真:藤森明子さん

藤森明子さん

食品メーカーに勤務後、料理教室の講師を経験。その後は栄養士として勤務。
1995年に管理栄養士を取得。
現在はマダムマーサ・クッキングスタジオや調理師専門学校の講師、食品メーカーの試食作り、食育イベント、保健指導などで活躍中。

  • 前へ
  • 次へ