「クラゲ」の名前が付いていますが、きのこの一種のきくらげ。
近年はよりコリコリした触感が楽しめる生きくらげも流通しています。

「キクラゲ」「木耳」の名前の由来は?

コリコリした食感で、中華料理でおなじみのきくらげ。きのこの一種ですが、形がクラゲに似ていることから、名付けられたと言われています。日本全国に自生し、日本では古くから食べられていましたが、他に食用にしているのは中国や韓国など東アジア圏のみ。写真:きくらげ漢字では耳のような形をしていることから「木耳」と書きます。現在流通している99%以上が中国から輸入される乾燥きくらげですが、近年は国産の生きくらげも出まわるようになりました。夏から秋にかけてが旬で、主に九州地方で生産されています。乾燥きくらげよりも肉厚で、力強い食感が人気です。

希少価値の高い高級食材「白きくらげ」

きくらげは大きく分けると茶褐色の「黒きくらげ」と、白色の「白きくらげ」に分けられますが、きくらげといえば、一般的に流通量の多い黒きくらげを指します。白きくらげは、自生数が少なく栽培も難しいことから希少価値が高く、中華料理では高級食材として重宝されています。黒きくらげは主に炒めものに使われますが、白きくらげはやや柔らかい食感と美しい色を生かしてシロップ煮のデザートにしたり、サラダやスープに使われます。高級食材の白きくらげですが、近年は栽培法が考案され、流通量が増えて価格が安定してきました。

鉄分補給食材としても重宝!

きくらげは、きのこ類の中でも栄養価が高い食材です。骨や歯をつくるカルシウムと、カルシウムの吸収を助けるビタミンDがともに豊富なので、成長期の子どもや骨粗しょう症が気になる高齢者にはピッタリ。また、造血作用のある鉄や葉酸も豊富なので、貧血が気になる女性や妊婦の方にオススメです。鉄はひじきやレバーも含有量が多いことで知られていますが、クセがあるので苦手な人も多い食材。しかし、味にクセのないきくらげは、好みの味付けで食べることができるので、鉄分補給食材として重宝します。また、食物繊維も豊富で、便秘予防や有害なものを排出するデトックス効果も期待できます。

写真:きくらげ

厚みがあるものが良品!

乾燥きくらげを選ぶときは、形がしっかりしていて厚みがあるものが良品です。生きくらげは、肉厚でツヤがあり、表面がしっとりして色が濃いものが良いでしょう。表面に白い胞子が付いていることがありますが、きのこ類に付くもので水洗いすれば落ちるので、心配ありません。生きくらげは買ってきたら水気が付かないようにキッチンペーパーなどで包んでから保存袋に入れて冷蔵庫へ。食べきれない時は冷凍保存も可能です。乾燥きくらげは、20~30分水に浸して戻してから使います。きくらげはきのこなので、食べるときは加熱が必要です。炒めものや煮物に使う場合は、食べやすい大きさに切ってから調理し、サラダに使う場合はサッと湯通ししましょう。

スペシャリストが直伝!美味食材アドバイス

写真:藤森明子さん


スペシャリストが直伝!
美味食材アドバイス

きくらげは栄養豊富なきのこで、ビタミンやミネラルがバランス良く含まれています。トロトロした食感を感じることがありますが、これは植物性コラーゲンで、肌のうるおいを保つ成分。特に白きくらげに多く含まれ、白きくらげは美容に良い食材として中国では古くから知られています。また、女性に不足しやすい鉄、葉酸、カルシウムなども豊富なうえに、低カロリーで食物繊維もたっぷり。女性は積極的に食べたい食材です。

写真:藤森明子さん

藤森明子さん

食品メーカーに勤務後、料理教室の講師を経験。その後は栄養士として勤務。
1995年に管理栄養士を取得。
現在はマダムマーサ・クッキングスタジオや調理師専門学校の講師、食品メーカーの試食作り、食育イベント、保健指導などで活躍中。

  • 前へ
  • 次へ