「ブランドあじ」が大人気!

あじは日本沿岸に広く生息していて、日本の食卓になじみ深い魚です。年間を通して獲れますが、旬は夏。さばやいわしなどの他の青魚に比べてさっぱりした味わいのあじですが、旬を迎えると脂が乗ってコクが増し、さっぱりした生姜や茗荷(ミョウガ)などの薬味によく合います。
最近注目を浴びているのが、産地ごとの「ブランドあじ」。代表的なのは、大分県の「関あじ」と、漁獲高日本一の長崎県の「黄金(ごん)あじ」「旬(とき)あじ」です。一般のあじとは比較にならない値段で取引されており、産地以外では手に入りにくいほどの人気を集めています。

育ち盛りの子どもにうれしい栄養がいっぱい!

あじはたんぱく質やビタミンB群、カルシウムなどのミネラルがバランスよく含まれていて、カロリーも他の青魚に比べて控えめなヘルシー食材。特に骨や歯を作るのに欠かせないカルシウムの含有量が非常に多く、さらにからだの成長と細胞の再生を助けるビタミンB2、脳の働きを活性化させるDHAも豊富なので、育ち盛りの子どもにはピッタリです。
また、カルシウムは感情をコントロールし、イライラする気持ちを抑えるはたらきがあると言われています。同じように、不足するとイライラしたり不眠になると言われるビタミンB1もあじには豊富なので、ストレス予防のためにも積極的に食べたい食材です。ほかにも、体内の塩分を排出するはたらきがあり、高血圧予防が期待できるカリウムも、魚類の中では多く含まれています。

日持ちさせたい時は、南蛮漬けがおススメ!

あじは鮮度が落ちやすい魚なので、買ってきたらできるだけ早く、できればその日のうちに食べることをおススメします。店頭で選ぶときは、目が澄んでいて、エラがピンと張り、尾の近くのぜいご(硬いうろこの部分)がしっかりしているものが新鮮です。
その日のうちに食べられない時は、内臓を出してしっかりと洗い、水分をしっかりと取って冷蔵保存しますが、それでも2日以内には食べ切りたいもの。揚げてから酢・醤油・砂糖などの調味料に漬け込む南蛮漬けにすれば、1週間近く日持ちさせることができます。

刺身はもちろん、マリネもおいしい!

あじの一番人気の調理法は、やはり「刺身」。生姜や青じそと食べる「たたき」や、味噌や小ねぎと一緒に包丁で滑らかになるまで叩いた「なめろう」も人気です。三枚におろしたあじの中骨は、塩を振るか生姜醤油に漬け込んでから揚げにすると、カルシウムたっぷりの中骨せんべいに。
クセのない味わいのあじは、塩焼きにしても、醤油味で煮てもおいしい魚ですが、刻んだトマトを焼き魚のソース代わりにしたり、トマトソースで軽く煮込んだり、洋風の味付けにもよく合います。いつもの刺身に飽きた時には、オリーブオイルと酢と塩のマリネ液に漬け込むと、白ワインにピッタリのオードブルの出来上がりです。

スペシャリストが直伝!美味食材アドバイス

写真:藤森明子さん

スペシャリストが直伝!
美味食材アドバイス

あじの脂肪分には、DHAのほかに、血液の流れを良くするはたらきがあると言われるIPA(EPA)が含まれています。血液の流れが良くなると、善玉コレステロールを増やし血栓ができにくくなる効果があり、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの予防が期待できます。パソコンの長時間作業による血行不良が原因の肩こりや頭痛の予防にも効果的です。また、あじを骨ごと揚げる南蛮漬けの酢には、魚の骨を柔らかくし、日持ちをさせる効果があります。骨ごと食べることで、カルシウムも効率よく摂取できるので、おススメの調理法です。

写真:藤森明子さん

藤森明子さん

食品メーカーに勤務後、料理教室の講師を経験。その後は栄養士として勤務。
1995年に管理栄養士を取得。
現在はマダムマーサ・クッキングスタジオや調理師専門学校の講師、食品メーカーの試食作り、 食育イベント、保健指導などで活躍中。

セコムの食から旬をお取り寄せ 美味食材を味わう

河野さんのさつま揚げのすり身

人気の無添加さつま揚げ。骨ごとすりつぶして菜種油でふっくらと揚げています

河野さんのさつま揚げのすり身

河野さんのさつま揚げ 夏

人気の無添加さつま揚げ。骨ごとすりつぶして菜種油でふっくらと揚げています

河野さんのさつま揚げ 夏

※上記商品の取扱状況は、掲載時のものです。
取り扱いのない場合もございますので、「セコムの食」のサイトでご確認ください。

セコムの食

安心・安全のセコムが選んだ全国各地の美食、グルメ、特産品をお取り寄せすることができる食品の通信販売です。お得な頒布会や、贈り物にも最適な「選べるギフト」もおすすめです!

  • 前へ
  • 次へ