「食べる」ことは、毎日の暮らしに不可欠なもの。毎日の食事を、もっと楽しく・もっと健やかに・もっと安心して食べたい・・・セコムはそんな思いを大切にして、「セコムの食」も食材にこだわっています。

防犯対策・セキュリティのセコム TOPホームセキュリティ美味食材トップ食の匠の極み > 石釜で焼いたナポリピザ(千葉県松戸市)江端正志さん

今月のインタビュー

石釜で焼いたナポリピザ
(千葉県松戸市)江端正志さん

石釜で一枚一枚焼き上げる本格ナポリピザ

石釜で焼いたピザを、家で好きな時に食べることができる。そんなピザを
通信販売している生産者がいると聞き、向かったのは千葉県松戸市。
のどかな住宅地の中に、ポツンと小さな工房がありました。
生産者の江端正志さんに作業場に案内していただくと...ありました、
直火でピザを焼いている大きな石釜が!

イタリア製の石釜で、一枚一枚ていねいに焼いていく。

−立派な石釜ですね!

江端さん:ありがとうございます。ピザ職人を志した時から、自分で店を持つときは石釜焼きで、一枚一枚ていねいにピザを焼きたいと思っていたので、石釜を用意しました。

−少しずつピザの位置を微調整しながら、あっという間に焼きあがるのでビックリしました。

江端さん:石釜内は高温ですからね。高温で一気に焼くことにより、水分が生地内に閉じ込められて、表面はカリッとしているけどモッチリとした食感のピザに焼きあがるんです。位置を微調整しているのは、ムラなく焼き上げるためです。そのあたりは、窯のクセを熟知していますから(笑)。それに、うちのピザは、お客さまの家のオーブントースターで焼いた時に丁度良い焼き具合になるようにしているので、イタリアンレストランなどのお店で焼き上げる温度よりは、若干低めの温度に設定しています。

−試食させていただきましたが、本当に生地がモッチリとして、耳の部分も、とってもおいしかったです!

江端さん:うちのピザはナポリ地方のピザなんです。ソースを塗る中央部分は薄く、耳の部分はふっくらと厚みのある生地になります。ナポリピザはこの生地のおいしさが醍醐味なので、いろいろと試行錯誤した結果、生地をこねてから少なくとも3日間冷蔵庫でじっくりと低温発酵させるようになりました。

中央が薄く、耳が厚いナポリピザは、生地の美味しさが醍醐味。

−3日間も!通常の低温発酵時間は、半日ほどですよね...?

江端さん:3日以上かけることで、小麦の持つ力を十分に引き出して、風味豊かな生地にすることができるのです。丸く成形するときの感触も、短時間で発酵したものと比べると、生地の力強さが全然違うんですよ。

  • 美味食材物語

セコムの食のご案内

  • セコムの食安全・安心のセコムが選んだ全国各地の美食、グルメ、特産品をお取り寄せすることができる食品の通信販売です。お得な頒布会や、贈り物にも最適な「選べるギフト」もおすすめです!
  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン

役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン

  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 月水金フラッシュニュース

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム

ページトップへ

bishoku_pc_entry_1380