粒こしょうもアクセントに粒こしょうもアクセントに

−「塩味チーズクッキー」は、甘くないクッキーとして大人気なのだとか。

中村さん:こちらは、セコムの食とコラボレーションしてできた商品です。「ワインやビールなど、お酒にも合うクッキーを」という依頼を形にしたもので、国産小麦粉を使った甘くない生地にチーズを練り込み、アーモンドスライスと松の実をたっぷり入れた贅沢な一品です。

−チーズの豊かな香りとナッツの相性がバツグンです。

中村さん:チーズは、粉チーズとして用いられることも多いエダムチーズを使っています。そのまま食べると独特な風味がある個性的なチーズですが、焼き上げると何とも言えない香ばしさが引き立ちます。また、ナッツは生地を切る時に手が痛くなるほどの量をぎっしり練り込みました。「お菓子」としてはもちろん、お食事感覚でお買い求めいただく方も多いんですよ。

焼き上がりの時間は、お店中が香ばしい香りに包まれる焼き上がりの時間は、お店中が香ばしい香りに包まれる

−表面には粗塩がトッピングされていますね。

中村さん:塩はフランス産の「ゲランドの塩」を使っています。海水を太陽と風の力でそのまま結晶化させた塩で、天然のミネラル分がたっぷり含まれているのが特徴で、そのまま舐めると日本の塩とは全く違った個性的な味わいがあります。エダムチーズとナッツをたっぷり使った力強い生地には、これくらいインパクトのある塩が相性がいいと思います。塩は生地に練り込むほか、焼く直前にほんの少しトッピングして、塩そのものの味も楽しんでいただけるよう工夫しました。

−オーブンから立ちこめる香りがたまりません。

中村さん:焼き上がりの時間はお店中にいい香りがたちこめるので、何度作っても幸せな気分になりますね。日持ちがするので、贈りものでも喜ばれると思います。

新しいお菓子づくりの研究にも、常に熱心な中村さん。
ひとつひとつのお菓子を愛情込めて作る様子が伝わります。