女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

あんしんコラム

まずは身近にできる対策から。「働く女性の安全委員会」のメンバーが対策をご紹介します。

  1. 防犯対策・セキュリティのセコム TOP
  2. ホームセキュリティ
  3. あんしんライフnavi
  4. あんしんコラム
  5. > 第67回 世界最古の"ジーンズ"をセコムが守る

第67回 世界最古の"ジーンズ"をセコムが守る

こんにちは。秋が深まり、スポーツ・芸術・食の秋を満喫していらっしゃることでしょう。
慌しくなる年末を前に、少しだけゆっくりとした時間を楽しむのも良いですよね。
しかし!「秋は着る洋服も厚手になってくるし、肌の露出も少ないから、チカンなどの防犯対策は少しお休み」と思っていらっしゃる方も少なくないのでは?
陽が落ちるのが早くなるこれからの季節。暗いところに潜む危険はたくさんあります。油断は禁物ですよ!

2011.10.24更新

さて、10月13日(木)〜16日(日)まで、世界的なジーンズブランド「リーバイス」でおなじみのリーバイ・ストラウスジャパン(株)が現存する"最古のジーンズ"を日本で初めて一般公開しました。皆さんはご存知でしたか?実は、その大変貴重なジーンズをセコムの最新のセキュリティシステムが守っていたんです!今回は、このイベントを通して、再認識した防犯対策の基本をご紹介します。

"安全のプロの目"と"最新の技術"で万全の安全対策

 今回、初来日した貴重なジーンズは3本。現存する世界最古のジーンズ「XX c.1879」、1990年にアメリカ・ネバダ州の鉱山都市で発見されたジーンズ「NEVADA 1880s」、そしてロットナンバー501が初めて採用されたモデル「BARNYARD c.1890 501®XX」。これらはいずれも世界に一つしかないとても貴重なもので、普段は、アメリカ・サンフランシスコにあるリーバイ・ストラウス本社のアーカイブの金庫の中に大切に保存されているそうです。

 そんな大変貴重なジーンズが日本で一般公開されるにあたり、盗難やあらゆる犯罪からジーンズを守るために、安全のプロであるセコムにコラボの要請がありました。そして、これまでさまざまな場面で貴重なものを守ってきたセコムのプロフェッショナルが集まり、防盗対策を検討。ジーンズを守るためには、常駐警備による"安全のプロの目"と最新のハイテク"セキュリティシステム"の両方が必要という結論に至りました。

最古のジーンズ「XX c.1879」を囲むリーバイ・ストラウスジャパン(株)の齋藤 貴社長(左)と米国リーバイ・ストラウス社から来日したリン・ダウニーさん(右)

最古のジーンズ「XX c.1879」を囲むリーバイ・ストラウスジャパン(株)の齋藤 貴社長(左)と米国リーバイ・ストラウス社から来日したリン・ダウニーさん(右)

 初来日したジーンズが展示されたのは、東京・渋谷にあるリーバイス®ストア渋谷店。展示期間中は多くのお客様が貴重なジーンズを一目見ようと訪れることを想定し、展示ケースのガラスはバールなどでガラスを破壊する「打ち破り」に対抗し、簡単に貫通されない強固な防犯合わせガラス「SECOMあんしんガラス」を取り付けました。
 そして、それだけではなく、必要以上に展示ケースに接近できないよう、レーザービームを展示ケース一面に張り巡らせて監視する最新のセキュリティシステム「レーザーセンサー」も設置。

セコムの最新のセキュリティシステム「レーザーセンサー」がジーンズへの接近を監視

セコムの最新のセキュリティシステム「レーザーセンサー」がジーンズへの接近を監視

また、開店中はセキュリティのプロフェッショナル・常駐警備員が店内を警備。常に警戒心を持ち、周囲に目を光らせながら、貴重なジーンズを守りました
 さらに、万一の持ち去りに備え、GPSでジーンズの位置情報を確認できる「ココセコム」を活用するなどの対策も施していたんですよ!

4日間のイベントは大盛況。綿密なセキュリティ計画のもと、安全のプロの目といくつものセキュリティシステムで守られたジーンズは無事、アメリカへと戻っていきました。

セキュリティのプロの目が店内の異常を監視

セキュリティのプロの目が店内の異常を監視

防犯対策の基本はみな同じ

今回の見守る対象はジーンズでしたが、これは人でも同じこと。今回のイベントを機に防犯対策のポイントを再認識することもできました。それは・・・・

  1. どこに危険が潜んでいるのかを事前に知っておく
  2. 「人の目」や「光」、「音」は不審者を近づけない抑止効果が期待できる
  3. 万一に備えて1つの対策だけではなく、複数の防犯対策で備える
  4. 「ここまで対策したから大丈夫」という過信は禁物

このコラムを通じて、「家での防犯対策」「外での防犯対策」「火災・防災対策」「その他安全対策」と、私たちの日常生活に潜む危険に対する対策をご紹介していますが、どの対策にも、「『安全・安心』は過信しないでください」とメッセージを込めています。
 ぜひ、これからも防犯対策の基本を忘れずに、安心でステキな生活を送ってくださいね!