女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

あんしんコラム

まずは身近にできる対策から。「働く女性の安全委員会」のメンバーが対策をご紹介します。

第63回 アウトドアを楽しく、安全に!

こんにちは。日に日に秋らしい気候になってきて、秋の食材がお店に並び、まさに"食欲の秋"!秋と言えば"スポーツの秋"でもあるのですが、なかなかジムに通う時間を作るのは難しい。それなら、自転車通勤にしてみるのもいいかも。最近は、自転車通勤している人も増えていますよね。暑い季節は考えられませんでしたが、今からの季節なら快適に自転車通勤できそう。おいしいものをたくさん食べたくなる季節なので、無理なく体を動かせるようにできればうれしいなと、考えています。

2011.9.26更新

「山ガール」や「女子キャンプ」などという言葉ができるほど、アウトドアを自分らしく、積極的に楽しもうという女性が増えています。私も先日、富士登山に初挑戦してきましたが、女性がとっても多いことに驚きました!行楽の秋は、特にアウトドアが気持ち良い季節。お出かけ前に安全対策をチェックし、万全な備えでアウトドアを楽しみましょう。

アウトドアの楽しみの陰に潜む危険とは?

アウトドアの楽しみの陰に潜む危険とは?

警察庁の統計によると、2010年に発生した山岳遭難(ハイキング、沢登りなどを含む登山、山菜・キノコ採り、渓流釣りなど)は、1942件で、ここ数年、増加の一途をたどっています。山岳遭難以外でも、海や山などでのアウトドア活動中の水難事故や自然災害などにも、気を付けなければいけません。事前にしっかり準備して、出かけるようにしましょう。

アウトドアの基本・・・事前の準備をしっかりと

まずは、事前に行く場所の特性や状況を調べ、無理のない計画を立てることが大切です。特に、現地の気温など天候を確認し、当日も気象情報をしっかりチェックしましょう。天候が悪いようなら、中止するか、計画を変更するなど無理をしない判断を。また、ケガや病気、突然の災害に備えたグッズも用意する必要があります。

●備えておきたい持ち物

  • 安全に備える
  • ・携帯ラジオ(気象情報や災害情報をタイムリーにキャッチ)
  • ・地図・コンパス
  • ・懐中電灯
  • ・ホイッスル
  • ケガや病気に備える
  • ・救急用品
  • ・常備薬
  • ・健康保険証(ケガや急病での受診に備えて)

そのほか、天気が良い日であっても、雨具、防寒具、非常食も準備しましょう。特に、山間部では気温の変化が激しいので、1枚多く上着を持って行くのがオススメ。また、初心者だけでなく、適切な状況判断ができる経験者と一緒に行くことも大切です。

●安全にアウトドアを楽しむためのチェックポイント

準備バッチリでも、自然の中ではどんなことが起こるか予想できません。アウトドアを楽しんでいるときも、常に環境の変化に気を配り、自然災害や事故に注意することが大切です。

●自然環境・災害情報をチェック

自然環境・災害情報をチェック

山の天候は急変しやすいので、常に空模様に注意しましょう。河川に近い場合は、目の前の川が増水していなくても、上流の大雨の影響で鉄砲水が発生することもあります。落雷にも注意してください。

山間部では、携帯電話がつながりにくいこともあるので、携帯ラジオでこまめに気象情報をチェックするようにしましょう。また、地震が発生すると河川の氾濫や土砂崩れなどの二次災害が発生することも考えられるので注意が必要です。

●アウトドアに合った服装かをチェック

普段のファッションや軽装で行くことは厳禁です。特に砂利や石ころが敷きつまっている不安定な足元では、ケガの危険があります。靴はもちろん、服装は、山や川、それぞれの場所に合った、脱ぎ着しやすく、動きやすいものを用意しましょう。

●そのほかのチェックポイント

禁止されている危険区域に立ち入らないのはもちろん、むやみに川や海に入らないようにしましょう。また、バーベキューなど野外で調理をするときは、食中毒の心配も。よく手を洗ってから調理し、水道水が使えない場合は、水を沸騰させてから使うようにしましょう。

そして、緊急時の連絡方法の確認もお忘れなく。緊急時連絡カードを持って行くのもオススメです。また、キャンプ場や海水浴場などでは、現地に着いたら、避難場所や救護室を確認しておきましょう

さらに、単独行動はできるだけ避け、緊急時には適切な応急処置を行い、助けを呼びましょう。携帯がつながらない場合は、つながるところに移動するか、近くに公衆電話などがあれば、そこから助けを呼んでください。

●事故や災害時の通報先

  • 118番:海上保安庁(海上の事故)
  • 119番:救急・消防(ケガ、急病、火災)
  • 110番:警察(事故、事件)

相手は大自然です。しっかりと事前準備をして、「安全・安心」なアウトドアを楽しみましょうね!