女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

あんしんコラム

まずは身近にできる対策から。「働く女性の安全委員会」のメンバーが対策をご紹介します。

  1. 防犯対策・セキュリティのセコム TOP
  2. ホームセキュリティ
  3. あんしんライフnavi
  4. あんしんコラム
  5. > 第200回 朝日新聞デジタル「&W」とのタイアップ記事が公開中!

第200回 朝日新聞デジタル「&W」とのタイアップ記事が公開中!

こんにちは。3月に入り、春が近づいてきた気がしますね。春は、スタートの季節でもあります。まだ、「防犯女子」デビューしていない女子の皆さまは、これからすてきな「防犯女子」を目指しましょう。そして本日、あんしんコラムが記念すべき公開200回を迎えました!これまでご覧になってくださった皆さま、本当にありがとうございました。また、ご覧いただいた皆さまに感謝の気持ちをこめてプレゼントキャンペーンを本日より開催中です。ぜひ、応募してみてくださいね。

2016.3.2更新



恒例になった、朝日新聞デジタル「&W」とのタイアップ。今回は、放送作家のたむらようこさんと「セコム働く女性の安全委員会」のメンバーで、セコムが行った「日本人の不安に関する意識調査」の結果をもとに、「防犯・防災・情報セキュリティ」について座談会を行ってきました。その模様が朝日新聞デジタルの女性向けサイト「&W」で一部(防災編)が公開されていますので、ぜひご覧になってくださいね。そして、こちらでも簡単に座談会でお話したことを紹介します。

災害に備える「防災女子」になろう

・災害用伝言サービスの使い方はご存知ですか?

東日本大震災から5年が経過しますが、当時を思い出して、まず気になったのが、家族の安否であったとたむらさんはおっしゃっていました。しかし、非常時は携帯電話がつながりにくく、連絡が取れないということになりかねません。そんなときに役立つのが「災害用伝言サービス」ですが、セコムが実施した不安に関する調査によると、災害用伝言サービスに登録していると答えた人は、たったの15.1%でした。携帯電話会社によっては月に一度、伝言サービスを試用できる日が決められているのでいざという時のために今から使えるように練習しておきましょう。また、連絡手段が途絶えたときのために、家族で落ち合う場所を決めておくことも重要ですよ。

・非常用持ち出し袋は自分らしくアレンジ

「最近、災害に関して不安に感じたことがありますか」という質問に対しては約7割の人が「感じる」と応えています。非常持ち出し袋は、しっかりと準備したいところです。 基本的なものにプラスして、衛生グッズや生理用品、コンタクト・メガネや薬など、自分流かつ女性ならではのものにアレンジすることも大切。そして、最後にチェックしていただきたいのが、たむらさんも「盲点」と言っていた・・・??皆さん、記事で確認してくださいね。

詳しくは 朝日新聞デジタル「&W」で公開されていますのでご覧になってみてください。まだ公開されていない「防犯編」は3月8日、「情報セキュリティ編」は3月15日に順次公開されます。「防犯編」では、たむらさんが夜道の歩き方で気を付けていること、「情報セキュリティ編」では放送作家という仕事上、SNSなどでプライベートな情報を公開する際に気を付けるべきことをお話しもらいましたので、ぜひ「&W」での公開を楽しみに待っていてください。

あんしんコラム公開200回を記念してプレゼントキャンペーンを実施中です。
ぜひご応募ください!

あんしんコラム200回記念キャンペーンは 3月31日(木)をもちまして、応募期間が終了しました。 たくさんのご応募ありがとうございました。

プレゼントキャンペーン