女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

あんしんコラム

まずは身近にできる対策から。「働く女性の安全委員会」のメンバーが対策をご紹介します。

第155回 「防犯女子」的痴漢対策をおさらい

こんにちは。G.W.は、楽しく過ごされましたか?連休明けで、少しばかり体のだるさが残っているのは、私だけではないはず。G.W.は、いいリフレッシュになりましたが、いつもとは違う時間の使い方や体の動かし方をするためか、知らないうちに体力を使っているようですね。しばらくは長期休暇もないので、今日から改めて頑張ります。と言いながら、すでに夏休みの計画を立てようとしている私です。

2014.5.7更新

G.W.も終わったところで、新生活にも慣れてきたころではないでしょうか。そんな時こそ、気を引き締めて、痴漢対策を見直してみましょう。

痴漢被害の現状を知っておきましょう

迷惑防止条例違反の場所別発生状況(2013年 警視庁調べ)

 昨年東京都内で起きた迷惑防止条例違反(痴漢)の発生状況を見てみると、約60%が電車内で発生しています。また、駅構内も含めると75%と、痴漢被害の多くが電車や駅構内ということが分かります。
 その他、ショッピングセンターや路上、エレベーター内でも発生しているので、注意しましょう。

「防犯女子」をアピールして痴漢対策を!

 痴漢対策の基本は、「スキを見せない」ことです。防犯意識や、周りへの警戒心の高い「防犯女子」であることをアピールして、痴漢に狙われないようにしましょう。

「防犯女子」的痴漢対策のポイント

その1:警戒心をもっていることをアピール

  • 防犯ブザーを外から見えるところに付ける
  • 姿勢を正して、周囲の変化に常に気を配る
  • 新聞や参考書などを持ち、知的な女性をアピール

その2:痴漢が多い場所や時間を避ける

  • 電車内では、ドア付近・連結部・乗り降りが多い車両に乗らない
  • 混んでいるエレベーターはなるべく避ける
  • 通勤・通学電車の時間を時々変え、同じ電車、同じ車両に乗らない

その3:万が一のときは毅然とした態度を

  • 「この人痴漢です」「やめてください」と言って周囲に知らせる
  • 声が出ない場合は防犯ブザーを鳴らす
  • その場で駅係員や警察に届け出る

 電車内で、痴漢かどうかわからない場合は、バッグなどを触れている部分にあててみましょう。混雑などで触れてしまっている場合でも、「触れていますよ」と知らせることができます。また、どちらかわからなくて気になる場合は、一旦降りて車両などを変えてみるのもいいですね。
 痴漢に遭ってしまったら、勇気をもって警察などに届け出てください。泣き寝入りは、痴漢の増加や悪質化につながります。これから「安全・安心」に過ごすためにも、「防犯女子」として、毅然とした対応をしましょう。

注目コラム pick up !