女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

あんしんコラム

まずは身近にできる対策から。「働く女性の安全委員会」のメンバーが対策をご紹介します。

  1. 防犯対策・セキュリティのセコム TOP
  2. ホームセキュリティ
  3. あんしんライフnavi
  4. あんしんコラム
  5. > 第144回 安全で快適なSNSライフを送るために必要なことは?

第144回 安全で快適なSNSライフを送るために必要なことは?

こんにちは。12月に入ると、なんだか気持ちも忙しくなってきますよね。冬休みの予定でワクワクしつつ、それまでに掃除など全部終わらせなければ!と思うからでしょうか。
年末年始は、クリスマスカードを贈ったり、年賀状を出したりと、ご挨拶ごとも多くなる時期。SNSでごあいさつをすませることもできますが、手書きの年賀状をいただいたときのうれしさを思うと、自分もできる限り年賀状を出そうと思っています。となると、そろそろ準備を始めないといけないですね。やはり、師走は忙しくなりそうです。

2013.12.4更新

手軽にコミュニケーションがとれるツールとして、利用者が急増しているソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)。なにかと便利で楽しく、気軽に使ってしまいがちなSNSですが、皆さんは、無意識のうちに自ら個人情報を流出している危険性があることをご存じですか?SNSを多用する前に、危険や使い方をきちんと知って、対策をしておきましょう。

個人情報を必要以上に公開しない

 便利で楽しいSNSですが、うっかり自分の個人情報を必要以上に公開してしまっている危険があります。
 というのも、SNSの登録時の初期設定が、自分自身の情報をすべての人に公開するようになっていたり、GPS機能がオンになっていたりするから。登録したら、まず、何の情報(投稿記事やプロフィールなど)がどこまで(友達だけor全公開)公開されているのか、自分の情報と公開範囲の関係をきちんと確認しましょう。そして、必要に応じて公開範囲に制限をかけるなどして、一つ一つ設定を見直してください。
 不特定多数の人に自分の情報が見られてしまうことは危険です。ケースによっては、一緒にいる友達の情報まで公開してしまい、迷惑をかけることにもなりかねません。

個人情報を必要以上に公開しない

ネット上での人間関係に要注意

 仲間との交流ができ、交友関係も広がるSNSですが、気軽に情報発信できるメリットの反面、リスクもあることをきちんと認識しましょう。
 SNSの中には、本人確認が徹底していないサービスもあります。例えば、実在の人物・組織の名前を使った偽物のアカウントや架空のアカウントで投稿されている場合もあります。直接の知人や、公式アカウント以外のアカウントで、本人確認ができない場合、安易にフォローしたり、友人の承諾をしたりしないようにしましょう。
 ネットだけの知り合いと思っていても、個人情報を公開していることにより、「ネットストーカー」から、現実世界のストーカーに移行することもありえます。SNSでは記事の投稿範囲、コメントやメッセージの受付け、位置情報の公開設定などには、十分に注意しましょう。

ネット上はワールドワイド。発言に注意

 SNSの利用から、思いがけずトラブルや犯罪に巻き込まれてしまった事例も複数あります。
 悪ふざけなど軽い気持ちから投稿した記事が社会問題になったり、SNSを介した出会いから犯罪に巻き込まれてしまったり・・・。気づいたころには時すでに遅し。インターネット上に公開した以上は、完全に削除することがほぼできないと言っても過言ではありません。その分、発言には注意が必要なのです。

ネット上はワールドワイド。発言に注意

 友人同士で話しているつもりでも、SNSはネット上で一人歩きしてしまう可能性もあります。楽しくSNSライフを送るためにも、公開範囲をしっかり設定し、自分の身は自分で守るという「防犯女子」意識で、SNSを楽しみましょう。