女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

あんしんコラム

まずは身近にできる対策から。「働く女性の安全委員会」のメンバーが対策をご紹介します。

第6回 女性の一人暮らしライフ

こんにちは。
すっかり秋が深まり、肌に感じる風も冷たくなってきました。
残りわずかな秋の季節、旅行へ出かける人も多いのではないでしょうか?美しい紅葉を堪能し、美味しいものを食べる!幸せなひとときですね。仕事を忘れてリフレッシュすることも大切な時間です。ぜひ、いろいろお出かけしてみてくださいね。

2008.11.21更新

近頃はマンションを購入し、自分らしいライフスタイルを実現している 女性が増えてきています。みなさんも、「ステキだな・・・ 」「私もマンション欲しいな・・・」と思ったことはありませんか?一方で、不動産を持つことによる不安や、女性の一人暮らしに対する不安もあると思います。そんな時、女性ならではの観点で、不動産購入をサポートしてくれる会社があったら心強いですね。

今回は、野村不動産アーバンネット様が運営する、女性のための住みかえサイト「ノムコム・ウーマン」をご紹介します。また、防犯設備の整ったマンションに住んでいても意識していただきたい「泥棒との鉢合わせを防ぐ方法」をご紹介します。

女性のためのマンション探し  
野村不動産アーバンネット 「ノムコム・ウーマン」

女性のためのマンション探し  野村不動産アーバンネット 「ノムコム・ウーマン」

女性がマンションを購入することは、今やめずらしいことではありません。

しかし、いざ「マンションを買おう!」と思っても、「どこの不動産会社に行けばいいの?」「私でもローンが組めるの?」「頭金は?」「だまされたら?!」と迷いや不安があると思います。

野村不動産アーバンネット様では、女性スタッフが資金計画からお部屋探しまでを親身になって相談に乗ってくれます。女性ならではの感性で、生活環境やインテリアなどを細かくアドバイスしてくれるので安心です。

また、女性のための住みかえサイト「ノムコム・ウーマン」も運営されています。このサイトでは物件検索ができるだけでなく、マンション購入のための基礎知識やQ&A、ライフスタイルの提案など、役立つ情報が満載です。

さらに、実際にマンションを購入した女性の体験談も見逃せません。これは、女性8人のマンション購入ストーリー「リアル・ボイス」というコーナーで、マンション探しから新生活までのさまざまなエピソードが紹介されています。購入者の職業も購入のきっかけもさまざま。マンション購入を考えていない人でも、楽しめる内容となっているので、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

「ノムコム・ウーマン」では、私たちの「あんしんライフnavi」とタイアップして、女性の防犯特集も企画していただいています。ぜひ、一度見てくださいね。

「ノムコム・ウーマン」へは下のバナーをクリック
ノムコム・ウーマン

マンション・一人暮らしの強盗対策

「オートロック付き」、「最新防犯設備を採用」とうたったマンションは、安心した生活を送れそうですよね。しかし、それを過信すると、思わぬ危険に遭遇してしまうかもしれません。

ここでは、本サイトの「こんな時どうする?防犯対策ファイル」のコーナーで紹介している"泥棒・強盗対策(引越し編)"と、 "泥棒・強盗対策(実生活編)" 以外にも気をつけていただきたいポイントを紹介します。

●気軽にドアを開けない

みなさんは来訪者が来たとき、インターホンでの応答後、すぐに玄関の扉を開けていませんか?

不審者が宅配業者を装ったり、「家の前に財布が落ちていた」などと、警戒心を抱かせない方法で、あなたの部屋に侵入してくることもあります。知らない人が訪れた時は、注意が必要です。宅配便であれば「今、手が離せないので」と伝え、管理人さんに預かってもらったり宅配ボックスに入れてもらうなど工夫しましょう。

また、上記が難しい場合は、誰あてに、どこから来た荷物なのか確認してから対応しましょう。少しでも不審な点があれば「今、手が離せないので、後ほど連絡します」と告げ、名前や連絡先などを聞き、確認しましょう。荷物を受け取るときは、チェーンをかけたままドアを開けて応対し、「荷物はドアのところに置いておいてください」と頼むのも一つの方法です。間違っても気軽にドアを開けないことが重要です。

●帰宅時、ドアを開ける前に一工夫

女性の一人暮らしを周囲に悟られないために、帰宅時に家の玄関ドアを開ける時は、まるで家で家族が待っているかのように「ただいま」と言うように心がけると良いでしょう

そのほかにも、ドアを開ける前にインターホンを押すことで、一人暮らしだと察知されにくくすることもできます。また、万が一部屋の中に空き巣が侵入していたとしても、インターホンを鳴らしてから部屋に入ることで、侵入者に逃げるタイミングを知らせることができ、侵入犯と鉢合わせを防ぐことができます。

●泥棒と鉢合わせたら、逃げ道を与える

もしも室内に泥棒がいて鉢合わせしてしまった場合、みなさんはどうしますか?おそらく声も出ずにその場に立ちすくんでしまうことでしょう。

たとえば、マンションの場合、侵入した泥棒が逃げるルートは玄関ドア、もしくはベランダしかありません。そこにあなたが立ちすくんでしまえば、泥棒はあなたに向かわざるをえず、何かしらの危害を加えられる危険があります。万が一鉢合わせしてしまったときは、速やかに泥棒に逃げ道を与え、深追いしないようにしましょう。

せっかくの一人暮らしライフが快適で安心できるものとなるように、日ごろからの心がけが大切なのです。

関連商品

セコム・ホームセキュリティ
「マンション専用タイプ(スマート)」をラインナップしているので、マンションの一室に導入したい、というニーズにも応えます。

セコム・ホームセキュリティ