女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

あんしんコラム

まずは身近にできる対策から。「働く女性の安全委員会」のメンバーが対策をご紹介します。

  1. 防犯対策・セキュリティのセコム TOP
  2. ホームセキュリティ
  3. あんしんライフnavi
  4. あんしんコラム
  5. > 第5回 電車の中で痴漢に遭ってしまったら?

第5回 電車の中で痴漢に遭ってしまったら?

こんにちは。
10月から、「セコム・ホームセキュリティ」の新しいテレビCMが放映されています。セコムというと、長嶋茂雄さんを連想される方が多いと思いますが、今回は木村拓哉さんが長嶋さんと夢の共演を果たしました!木村さんが長嶋さんの「セコム、してますか?」のクチマネをしているのが面白いですよね。

2008.11.7更新

さて、前回のコラムで読者の皆さんの防犯対策についてご紹介したとおり、スリ・ひったくり・痴漢の被害にあったことがある女性はかなり多いようです。毎日、混み合った電車やバスに揺られて出勤し、不安をかかえている方が多いということを改めて感じました。

そこで今回は、日常的に被害に遭いやすい、痴漢被害に遭わないための対策と、万が一被害に遭った場合や目撃した場合の対処法について、痴漢対策に取り組んでいる警察の方にアドバイスをいただいてきましたのでご紹介します。

「痴漢は犯罪です」―。その実態は?

迷惑防止条例違反の年齢層別被害状況

「痴漢は軽微な犯罪」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。各都道府県には「迷惑防止条例」などの条例が定められていて、歴とした違反行為として取締りの対象となるのです。

東京都を例にとると、6ヵ月以下の懲役または50万円以下の罰金(常習の場合はこの限りでない)が課せられます。また、盗撮の罰則はさらに重いといいます(盗撮の禁止が条例に盛り込まれていない都道府県もあります)。

そして、この行為がエスカレートした場合は、刑法の「強制わいせつ罪」(罰則は、6ヵ月以上10年以下の懲役。刑法第176条)に問われます。このように、痴漢は決して軽微な犯罪ではないのです。

「迷惑防止条例違反」は、衣服の上あるいは直接身体に触れるなど、いわゆる痴漢行為のほかに盗撮なども含まれます。このような卑劣な行為が東京都内だけでも、毎月140〜240件ほど報告されています(警視庁調べ)。

「短いスカートを着ていたら狙われそうだけど、ズボンの私は大丈夫でしょ」、「冬はコートも着ているから安心」と思って油断している女性の皆さん、ここに落とし穴があるのです。警察の方のお話によると、「夏や冬など、季節により痴漢被害件数が減るという傾向はありません。そして実は、被害者のうち半数近くが20歳代なのです」。

では、どんな場所が危ないのでしょうか。

東京都内での痴漢被害では、電車内での条例違反が70%以上と圧倒的に多く、次いで駅構内、店舗内、道路上、という順番になっています。駅構内やショッピングセンターなどでは、階段・エスカレーター・エレベーターにおける盗撮の危険もあるそうです。

また、「強制わいせつ」の統計データ(2007年警視庁調べ)を見ると、屋外での発生が約59%、道路上が約28%、電車・バス等の車両内が約23%を占めています。電車内以外でも人通りの少ない場所では性犯罪への注意が必要です。

痴漢対策については、本サイト内の「こんな時どうする?防犯対策ファイル」でも紹介していますので、参考にしてください。

冷静に対処できる強い女性になろう

十分に注意していても、「ひょっとして、痴漢?!」と怖くなる場面に遭遇するかもしれません。そこで、警察の方に伺った対策についてご紹介します。

Q:満員電車の中で、荷物が当たっているだけなのか、それとも本当に痴漢に遭っているのか、判断が難しい場合もあるでしょう。そのような時はどうすればよいのでしょうか?
A:「何か変だな」、と思ったら、バッグなどでカバーして、気付いていることを示してみます。それでも変わらないようであれば、電車が揺れた時に自分の足を大きく動かしてみて、相手のようすを見ると良いかもしれません。
Q:自分が被害に遭ってしまった、あるいは被害に遭っている人に気付いたら?
A:迷わず、触っている手をつかんで、周囲に助けを求めてください。「とっさの時に声が出ないかも・・・」と不安であれば、やはり防犯ブザーを携帯してください。そして、警察や駅係員に、届け出てください。

警察に被害を届け出ることについては、「恥ずかしくて人に言いたくない」など抵抗を感じる女性も少なくないでしょう。しかし、再発を防止する意味でも、勇気を出して警察に相談することが大切です。

そこで、被害届け出をする際のポイントを教えてもらいました。次の質問に答えられるようにしておくと良いでしょう。

  • 被害にあったのはどこ? (何駅と何駅の間だった、など)
  • 乗車駅は?乗っていた電車は? (何時何分発のどこ行きの電車、など)
  • 犯人の特徴は? (背の高さ、服装、時計など。特に、触った手のシャツ、服の色や時計を見ておくと良い)
  • 人相は?誰かに似ている?

届け出る場所としては、被害に遭ってすぐであれば、最寄りの警察官や、駅係員ですが、東京の場合、主要な駅には痴漢被害に特化した「鉄道警察隊痴漢被害相談所」(東京駅・新宿駅・池袋駅など)が設けられています。また、「被害に遭ってしばらく経つけれど、電車に乗るのが不安で・・・」など、心の悩みがある場合、「犯罪被害者ホットライン」(電話 03-3597-7830)で相談にのってもらうことができます。

誰しも、自分が被害に遭うとは考えたくないものです。しかし、万が一被害に遭ってしまった時のことも頭の中でシミュレーションしておけば、冷静に対処することができるかもしれません。また、周りで困っている女性を見かけたとき、力を貸してあげる勇気を備えたいものですね。

注目コラム pick up !