女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

フリーキャスター石田芳恵さんと学ぶ
女性の備えとして必要なこと防犯・防災・情報セキュリティ対策

フリーキャスター石田芳恵さんと学ぶ女性の備えとして必要なこと防犯・防災・情報セキュリティ対策

防災編
防犯編
アンケート結果をもっと見る

情報セキュリティ編

専用のOSでネット犯罪から自分を守る

福島 もう一つネットバンキングで要注意なのがフィッシング詐欺。これは銀行などの公式サイトそっくりの偽サイトをつくり、うっかり間違って入ってしまった人からIDやパスワードを盗む犯罪です。

石田 それは怖いですね。犯罪者側も巧妙に罠をしかけるでしょうし、どうやって防げばいいのか不安です。

寺本 サイトが本物であるかどうかの確認は重要です。サイトが正当かどうかはEV SSL証明書が発行されているかどうかで確認できる場合もあります。この証明書が発行されているサイトでは、アドレスバーが緑色に表示されるので、視覚的に確認することができます。ただし、すべての企業がこの証明書を導入しているわけではないことを知っておいてください。

福島 “セコム・プレミアムネット”の利用も、ひとつの防御法だと思います。セコムが開発したUSBをパソコンに差し込みパソコンを立ち上げるだけで、セコムのネットワークを介してネットバンキングにつながることができるサービスです。セコムが管理しているOSなので安心してご利用いただけます。

石田 EV SSL証明書もぜひ参考にします。セコムのサービスも信頼できますし、利用法も簡単なのがいいですね。忙しくて銀行に行く時間がないという人にも安心でうれしいサービスです。

福島 ネットバンキングを使うときは必ず“セコム・プレミアムネット”を利用する、そんな人が増えて不正送金などの被害が減ることを願っています。

齋藤 情報セキュリティ全体で共通して言えるのは、目に見えないのでどうしても対策の優先順位が低くなりがちなんです。だからこそまずはネットの世界には危険がたくさんあることを理解し、意識することが重要です。意識が生まれてはじめて、対策をしよう、安全なサービスを利用しよう、と実際に行動に移すことができます。

石田 一度にすべてのことをやろうと思うと大変ですが、まずは何かひとつ、身を守る行動をとってみると、次から次へとステップアップしていける気がします。SNSの設定や使い方の見直し、ネットバンクのパスワードの変更なら今日すぐにでもできること。私も“防犯女子”として、最初の一歩を踏み出そうと思います。

セコム働く女性の安全員会とは 女性が被害者となる犯罪の凶悪化を背景に、2007年にセコムの女性社員6名によってスタートした「働く女性の安全委員会」。セキュリティのプロとしての視点と、女性ならではの視点の両方から、女性に役立つ防犯・防災対策について啓発している。現在、女性向け防犯本の執筆や、防犯・防災の総合情報サイト「女性のためのあんしんライフnavi」の運営、防犯セミナーの開催を通じて、積極的に情報発信を続けている。 女性のためのあんしんライフnavi
  • 女性を見守る「持ち歩けるセキュリティ専用端末」ココセコム
  • ほんとうの「安心」は、ここにあります セコム・ホームセキュリティ
  • 災害時への備え、防災用品の決定版 セコム・スーパーレスキュー
  • お客さまの声から生まれた、「温かくて」「おいしい」非常食セット ほかほか非常食セット