女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

フリーキャスター石田芳恵さんと学ぶ
女性の備えとして必要なこと防犯・防災・情報セキュリティ対策

フリーキャスター石田芳恵さんと学ぶ女性の備えとして必要なこと防犯・防災・情報セキュリティ対策

防災編
情報セキュリティ編
アンケート結果をもっと見る

防犯編

しっかり守ろう!防犯の基本「ワンドア、ツーロック」

石田 家の防犯対策について尋ねたアンケートでは、玄関の二重ロックを実行している人が半分ちかくいて、インターホンが鳴ったら相手をきちんと確認する人も半分ほど。みなさんなかなか意識を高くお持ちのようです。

寺本 そうですね。しかし、もう少し窓にも意識を向けていただきたいです。家に侵入されたケースでは、無施錠の次に多いのがガラス破り。ガラスまわりの強化は防犯においてとても重要です。窓も二重ロックしていただきたいですね。

石田 でもわが家は金属の網入りガラスなので大丈夫ですよね?

寺本 誤解している人が多いのですが、網入りガラスは火災時の飛散防止のためのものであって、防犯性能はないのですよ。

石田 ええ! いままで勘違いをしていました。今日、知ることができてよかったです。そういえば私の友人に、トイレの換気のための窓から侵入された人がいたのですが、あんな小さな窓からと驚きました。

Q : 自宅でどんな防犯対策をとっていますか。あてはまるものをすべてお答えください。

齋藤 頭と肩が入るサイズであれば侵入できると言われています。小さい窓だからと過信は禁物です。

福島 家の窓を全面防犯ガラスに交換するのは大変ですが、いまの窓に防犯フィルムを貼って、割れにくくするのもおすすめです。

寺本 また女性でも簡単に設置できる“補助錠”もぜひ。窓を傷つけることなく設置できるタイプもあるので、賃貸でもお使いいただけます。設置するときは窓の上部に設置することをお勧めします。万が一、泥棒が不正に開けようとしても、補助錠を解除するために立って作業をしなくてはならないため、周囲の目を気にする泥棒にとって不都合になります。

石田 なるほど! 泥棒にとって“不都合な家”にすることが大切なのですね。

齋藤 そう、目指すは「泥棒から嫌われる家」です。アンケートにあるように、1つの扉や窓に二重でロックする”ワンドア、ツーロック”が理想です。

石田 でも鍵が二つもあると、外出するときに面倒だったりしませんか?

福島 毎日のことになるとすぐに習慣化して、苦ではなくなります。防犯ではこの“習慣”が大切。設置しただけで満足するのではなく、習慣になるまでしっかり使い続けてください。

石田 防犯についても皆さんとお話ができて本当に良かったです。意外なことも多く、勉強になりました。早速実践したいと思います。

セコム働く女性の安全員会とは 女性が被害者となる犯罪の凶悪化を背景に、2007年にセコムの女性社員6名によってスタートした「働く女性の安全委員会」。セキュリティのプロとしての視点と、女性ならではの視点の両方から、女性に役立つ防犯・防災対策について啓発している。現在、女性向け防犯本の執筆や、防犯・防災の総合情報サイト「女性のためのあんしんライフnavi」の運営、防犯セミナーの開催を通じて、積極的に情報発信を続けている。 女性のためのあんしんライフnavi
  • 女性を見守る「持ち歩けるセキュリティ専用端末」ココセコム
  • ほんとうの「安心」は、ここにあります セコム・ホームセキュリティ
  • 災害時への備え、防災用品の決定版 セコム・スーパーレスキュー
  • お客さまの声から生まれた、「温かくて」「おいしい」非常食セット ほかほか非常食セット
  • 防犯・防災グッズの活用が効果的! セキュリティのプロ・セコムが厳選したご自宅で使えるさまざまな防犯・防災グッズを紹介しております