女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

備えが大切!防災対策ファイル

地震や火山噴火、津波などの自然災害、そして火災はいつ、どこで発生するか予測が難しいもの。だからこそ事前の備えが大切です。

防災グッズの準備

大地震などに備えて、必要なものをすぐに持ち出せるように、非常持ち出し袋にまとめておきましょう。

"非常持ち出し袋"を準備するときのポイント

大地震が発生すると、電気・水道・ガス・電話回線などのライフラインが遮断されたり、停電の影響で夜になると外が真っ暗になったりすることもあります。
また、道路や鉄道も寸断され、食料や生活用品の輸送が混乱することも考えられます。そのため、被災後、支援の手が届くまでに時間がかかることもあります。いざというときのために、"非常持ち出し袋"を準備しておくことをオススメします。


地震はいつ、どこで発生するか分かりません。ですから、自宅用とオフィス用に分けて用意しておくとよいでしょう。

  • 食料や飲み水は最低2日分程度を用意

被災後、1〜2日間生き延びられるよう非常食や飲料水を用意しましょう。

  • オリジナル"非常持ち出し袋"を用意

"非常持ち出し袋"を用意する際のポイントは、避難生活に欠かせない基本的なアイテムにプラスして、自分が必要なものを入れておくことが大切。自分のライフスタイルに合ったものを、カスタマイズして入れましょう。

  • いつでも持ち出せるところに、靴とセットで用意

保管場所は、震災時をイメージして、朝・昼・夜、いつでも持ち出しやすい場所に置いておくことが重要です。また、崩れ落ちたがれきやガラスの破片などから足を守る、底の厚い歩きやすい運動靴も準備しておきましょう。

  • 防災グッズの消費・使用期限をメモに残す

食料の消費期限が切れていたり、懐中電灯などに必要な電池が消耗していると、いざというときに役に立ちません。食料や飲料水は消費期限をチェックし、メモに残しておきましょう。持ち出し袋のポケットなどに入れておくと、チェックも楽ですし、新しいものを準備するときも便利です。

用意しておきたい"非常持ち出し袋" -自宅編-

食料 缶詰めやアルファ米、ソフトパンなどを2日間分程度。
ガスや電気がなくても食べられる非常食を用意しましょう。
保存水 500ml×3本程。清潔な水は飲料水としてはもちろんのこと、衛生面でも必要になる場合があります。少し多めに準備しておくのがオススメ。
懐中電灯・携帯ラジオ 電池が不要で、手回しで充電できるタイプがオススメ。電池タイプの懐中電灯やラジオは、使わなくても電池が漏電していくので注意が必要ですし、予備の電池も必要です。
医薬品・衛生用品 外用薬、消毒薬などのほか、日常的に服用している薬があれば用意しておきましょう。普段、コンタクトを使用されている方は、メガネを入れておくと便利です。また、ウェットティッシュは水が使えないときに何かと役に立つ便利グッズなので、準備を。
生理用品・携帯トイレ 女性ならではのアイテム。災害時でも困らないように、きちんと用意しておきましょう。

"非常持ち出し袋"を用意するときに気をつけたいのが、袋の重量。詰め込みすぎて、いざというときに持ち出せなかったら意味がありません。自分一人で持てることを確認しましょう。

用意しておきたい"非常持ち出し袋" -オフィス編-

底の厚い歩きやすい
運動靴
「徒歩で帰宅しよう!」と決めたときに重要なのは、歩きやすい靴を履いているかどうか。路上は地震によって崩れ落ちた看板や外壁、飛散したガラスの破片などがあって危険な状況が予想されます。
高いヒールでは災害後の路上を長時間歩くことはとても危険ですし、足を痛めたり、ケガの原因になります。ケガから足を守るためにも履き慣れた底の厚い運動靴を勤務先に用意しておきましょう。
懐中電灯 夜間に外を歩く場合や、地震後の停電のことを考えると懐中電灯が必要になります。運動靴と一緒に懐中電灯を勤務先に置いておくと安心です。
また、電池タイプの懐中電灯の場合はデスクの中に予備の電池と一緒に用意しておきましょう。
バッグ 自宅まで帰宅するとき、屋外では落下物に気をつけなければいけません。ヘルメットが最適ですが、バッグでも頭部を保護することができます。また、両手をあけておくためにも、リュックサック型のバッグがより理想です。
少量の食料
(カップ麺、飲料水、キャンディ)
勤務中に被災し、帰宅困難者になった場合、ペットボトルの飲料水やお菓子など、いつでもすぐに食べられる食料は緊急時のエネルギー補給に役立ちます。
ホイッスル 万が一、身動きが取れなくなった場合、周囲に助けを求めるときに役に立ちます。ホイッスルは、体力が低下していても軽く息を吹き込むだけで大きな音が鳴るものがベスト。すぐに取り出せる場所に用意しておきましょう。

勤務先で被災したときのことを考えて、自宅に帰るまでに最低限必要なグッズを職場のロッカーやデスクの中に置いておきましょう。

注目コラム pick up !
オススメ対策グッズ