女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

こんな時どうする?防犯対策ファイル

女性の暮らしに潜んでいる危険の数々。犯罪傾向・手口から効果的な対策まで、やさしくご説明します。

一人暮らし「安全・安心」な住まいの選び方

今やお部屋選びに防犯面のチェックは不可欠。自分の目でしっかりチェックすることが大切です。

一人暮らしとわかると、ライフスタイルが悟られやすくなる

一人暮らしをすると、泥棒などの不審者が嫌う「人の目」・「光」・「音」が家族と暮らしていたときよりも届きにくくなる可能性が高くなることがあります。
一人暮らしゆえに、住人が在宅か不在か、通学や通勤で不在の時間がいつかなどが悟られやすく、空き巣などのターゲットになってしまう危険が潜んでいます。また、周囲に助けを求めにくいため、押し込み強盗の被害に遭ってしまうことも考えられます。

「一人暮らしだし、高価なものは置いてない、だからうちには盗られるものはない」と思っていても、たとえばブランドのバッグやアクセサリー、パソコンなどはありませんか?
自立した生活を送るからこそ、「安全・安心」はもちろん「快適」な生活が送れるようお部屋を探すときは「防犯チェック」を心がけましょう。

契約前に確認できることをチェック!

ここでは、マンションなど、集合住宅の住まいの選び方をご紹介します。
お部屋を探すとき、不動産会社のスタッフが女性であれば、不動産のプロとしてだけでなく、女性目線でアドバイスしてもらえるので、より安心です。

住まいの防犯チェックポイント

1.侵入されやすい経路がないかをチェック

「2階以上は大丈夫!」という過信は禁物です。
エアコンの室外機や配管、雨どい、自転車置き場などが足場となって侵入される危険性がないかをチェックしましょう。

2.ベランダや窓が死角になっていないかをチェック

高階層であるほど、ベランダや窓が死角になりやすいので、注意が必要です。
マンションの外から、見上げてみて、侵入者がいた場合に人目につきやすいかを確認しましょう。

3.不特定多数の出入りができないかをチェック

「オートロックだから安心」という過信は厳禁です。
敷地内や入居者の共有スペースに関係者以外の人が入りにくいかどうかを確認しましょう。たとえば、共有スペースに入るまでに鍵を使って開けるドアがある、管理人さんがいるなどもチェックポイントです。
また、エントランスや駐車・輪場に監視カメラが設置されているかも事前にチェックすると良いでしょう。

4.モニター付きインターホンや宅配ロッカーが設置されているかをチェック

モニター付きインターホンであれば、来訪者をあらかじめ確認できるので安心です。また、録画機能が付いたインターホンであれば、不在時に来訪者があった場合でも帰宅後に確認できます。
また、宅配ロッカーが設置されている集合住宅であれば、直接玄関のドアを開けることなく、荷物などを受け取ることができるので、より便利で安心です。

5.防犯性能の高い鍵が設置されているかをチェック

ディンプルシリンダーやピンシリンダーなど、防犯性能の高い鍵が備え付けられているかを確認しましょう。(下記参照)そして、「1ドア2ロック」になっているかを確認することも重要です。
また、以前の入居者と同じ鍵を使うことは避けるのが理想的。オーナーさんや不動産会社に相談してみてください。

6.周辺環境もしっかりチェック

住まいそのものだけでなく、通勤や通学で使う経路なども事前にチェックしましょう。
また、昼間だけでなく、夜間の環境もチェックすることがオススメです。

  • 日夜、人通りがあり、常に周囲の目があるかをチェック
  • 見通しがよく、夜でも明るい道かどうかをチェック
  • 交番や24時間営業しているスーパーやコンビニエンスストアなど、万一のときに駆け込める安全な場所が近くにある

ぜひ、狙われやすい住まいのイメージを参考にしてください。
また、最近ではホームセキュリティが標準で設置されている集合住宅も増えています。このような設備も住まい選びの参考にしてください。

注目コラム pick up !
ほかのお役立ち情報についてはコチラ お役立ちリンク関連リンク